お義母さんのクリスマス料理を再現:魚介のスープ煮込み

クリスマスランチの記事で紹介した、絶品「魚介のスープ煮」。

どうしても家で作りたい! と思ってお義母さんに聞いたら、レシピだけではなく、クリスマスランチであまった材料までくれました。

忘れない家に味を再現&レシピの確認といきます!

冷凍のシーフードミックス。冷凍のあんこうのしっぽと白身魚。豪勢に大きなエビ。お義母さん特製の魚のスープ(出汁)。

こちらが材料。

*魚介の出汁(面倒な時は固形の魚介スープ+水でもいいそうです)
*玉ねぎとニンニクのみじん切り
*冷凍シーフードミックス(適当に貝類とイカを選びます)
*カニかま(なくてもいいかも・・・でも取りあえずオリジナルレシピに忠実に)
*エビ(シーフードミックスのは小さいので大きめのモノを)
*白身の魚のフィレ
*あんこう(ここではあんこうのしっぽの部分)
*塩、こしょう、パセリのみじん切り

お義母さん曰く、まともに材料を買ったらものすごーく高くなるので冷凍で十分だそーです。(ということで庶民のわたしでも自宅で作ることができそう。)

今日はこの画像以外にイカをちょっとと、イカリングが残っていたのでそれも足しました。(あとで小麦粉入れるからいいでしょってことで・・・あ、すでにオリジナルから離れている・・・。)

みじん切り玉ねぎとニンニクをたっぷりのオリーブオイルで炒めます。小麦粉をまぶした魚。焼き色が付いたら取り出し、次の材料を炒めます。次々炒めます。様子を見てイカがもう少し欲しいなぁと足しました。最後に炒めたイカを一番下にして、材料を鍋に戻します。エビと小さな貝類などは彩りを考えて一番上にのせます。スープをひたひたに入れて煮込み、最後にパセリを散らして出来上がり。

材料がそろったところで、魚には小麦粉をまぶして置きます。

玉ねぎとニンニクのみじん切りをたっぷりのオリーブオイルで炒めます。躊躇してはいけません、本当にたっぷりです。

材料を焼き色が付くまで炒めては鍋から取りだし、炒めては鍋から取りだし・・・を繰り返します。(中まで火を通さなくてOK)

全部の材料に焼き色がついたら、今度はまた鍋に戻します。

綺麗に材料を並べて(エビや小さめの食材を一番上に!)、魚介の出汁をひたひたに注ぎ、中火にかけます。

10~15分ほど煮込み、塩胡椒で味を調え、パセリを散らしたら出来上がり。

スープが小麦粉のおかげでトロトロに変身!魚介スープと材料がそろっていれば30分でできてしまう、意外にお手軽料理でした。

小麦粉が入っているのでスープがトロトロになってそれをパンですくって食べると美味、美味。

とってもおいしかったけど、次はお義母さんの魚介スープないから・・・こんなにおいしくできるかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。
  2. フィデウア。
  3. 中はふんわり軽いアイスクリーム!

お気に入りレストラン

  1. 偽物ツナとトマトのサラダ。
  2. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
  3. Sidrería El Molinón。
ページ上部へ戻る