スペインの美味しいが沢山!昔ながらの食料品店「Vicente Ferrero」@バレンシア

Ultramarinoと呼ばれるスペイン特有の食料品店「Vicente Ferrero」

Ultramarino(ウルトラマリノ)とは、生ハム・チョリソーなどの腸詰類やチーズなどの他に、缶詰、お米、豆類、コーヒー、ワインなど生鮮食品以外は何でも手に入るスペイン特有の昔懐かし食料品店。

こういう個人商店はスーパーなどに押され気味で余り見かけなくなりましたが、バレンシア中心部に近い「Mantequería Vicente Ferrero」は今となっては数少ない伝統的なUltramarinoです。

Mantequería Vicente Ferrero」が生き残れたのは、ただのUltramarinoではなく、良質な食材を選び抜き常連さんを大事にし、ワインなどのテイスティングを店内で行うなど工夫を凝らしてきたから。(Facebookページもちゃんとあります!)

Vicente Ferrero。パック入りの物はほぼなく、全てその場で欲しいだけ切ってもらえます。ワイン。こちらはスペインで昔からお馴染みの食べ物。

オーナーで創業者のVicenteさんと息子のCarlosさんはとても親切で、チーズ・ワイン・生ハムにとても詳しいので色々相談をしながら買い物をするスタイルです。少々時間はかかるかもしれないけれど、これぞスペインの個人商店の醍醐味で、もちろん味見もあり!! パック入りの食品は殆どないので、注文ごとに生ハムやチーズを切ってもらいます。お土産用に真空パックにもしてもらえます。

私がお邪魔した日は、ワインとチーズ&生ハムやSobrasada(ソブラサダ、マヨルカ島の名物)などのティスティングイベントがありで、その日に食べて美味しかったものやおススメの物を購入させてもらいました。

左からトリュフ入りチーズ、longaniza de pascua、グリュイエールチーズトリュフ入りのチーズを使ってソースを作りました。

購入品は左から、黒トリュフ入りチーズ、Longaniza de pascua(バレンシアではイースター期間によく食べます。サラミに似ているかも)、そして大好物のグリュイエールチーズ。トリュフ入りチーズはイタリア、グリュイエールチーズはスイス産ですが、いい物であればスペイン以外の物も販売するそうです。

おススメの黒トリュフ入りチーズはお初でしたが、なかなかおいしい。このまま食べるだけはもったいないなーと、牛乳、白ワインを足して黒トリュフチーズのソースを作ってフライドポテトにかけてみました。スペイン人夫はそのまま食べるより、ソースの方が気に入ったそうです。

Mantequería Vicente Ferrero」はティスティング以外にも、Almuerzo(アルムエルソ、午前のおやつ)やMerienda(メリエンダ、午後のおやつ)時間には美味しい生ハムやチーズを使った軽食の提供もあります。そろそろグリュイエールチーズもなくなるし、イースターも近づいてきたので土曜日の午前にでもAlmuerzoがてらにスペイン人夫と買出しに行きたいと思います。

英語は片言程度と息子さんのCarlosさんの話しでしたが、バレンシアの中心部から近く扱っている商品柄外国人客も多いお店なので、身振り手振りでお買い物してみて下さい! 最高級の生ハムが手に入ります。

昔懐かしのUltramarino(食料品店)「Mantequería Vicente Ferrero」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)
  2. 中はふんわり軽いアイスクリーム!
  3. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

お気に入りレストラン

  1. 広東風の蒸した魚。
  2. ビビンパ。
  3. マグロのタルタル。
ページ上部へ戻る