バレンシア歴史博物館へGO!

日曜日にはたまには知的活動でも行うかと、バレンシア歴史博物館へ行ってみました。

わたしのブログ、「スペイン庶民生活@バレンシア」は「食べ物ブログ」に見えるけれど、本当は違うんですよ!

バレンシアやスペインの有益な情報を提供が目標なのです、一応ね。

さて、Muse de Historia de Valencia(バレンシア歴史博物館)なのですが、多分日本で出版されているスペインのガイドブックには掲載されていないんじゃないかな。

昔は美術館で素敵な絵画を見るのが好きだったけれど、最近は博物館系が好きなので以前から興味があったのです。

街の中心地からは少し離れているけれどお気に入りのレストランが博物館の近くにあるので、久々にランチ前の腹ごしらえに行ってみました。

バレンシア歴史博物館。バレンシア歴史博物館。バレンシア歴史博物館。

こちらが今回撮った写真。これだけです! 館内は博物館で撮影禁止でした。ま、証明も暗めだし、わたしの腕ではきれいな写真は撮れないんですけどね。

平日の入館料は2ユーロ、土曜日、日曜日、祝日は入館料タダでした。タダの博物館なんてたいしたことないのかなぁなんて思ったら大間違いでした。

まず、チケットをもらって左側のロッカーに荷物をすべて預けて(バッグは持って入れません)、博物館の見方を説明してもらいます。

実はこの日は家を出る時間が遅くなって(割と早く起きていたのにわたしたちにはよくある話です)、博物館のサイズをみてびっくり。ものすごく大きな建物なんです。この建物は19世紀に造られ、貯水場として使われていたそうです。かなり大きな建物なのも納得だし、館内が全部水で埋まっていたなんて何だかワクワク&感慨深い。

バレンシアの歴史を紀元前から現代まで網羅した展示物は興味深く、解説も日本人のわたしでも簡単に読めるスペイン語(とバレンシア語の二カ国表示です)でありがたい。

さらにオーディオビジュアルもかなり充実していて、こちらは4カ国語ぐらい選択可能で、英語もありました。ちょっと画像が悪かったのが残念だけれどわざわざこの博物館用にショートドラマ(というかドキュメンタリー??)をかなりの数用意しています。お金かかってるなぁ!

ゆっくり見学していたらやっぱり時間切れになってしまいました。でもとってもおもしろかったから、また週末に今度はゆっくり最後まで見学する予定です。

お気に入りのレストランも近くにあるしね!

Muse de Historia de Valencia(バレンシア歴史博物館)
住所:Camino Viejo de Chirivella, 1, 46014. Valencia
住所:96 370 11 05 / 96 370 11 78
FAX:96 370 11 36
Email:info@mhv.com.es
最寄りのメトロはNou d’Octubreになります。
開館:火~土:10時~14時/16時30分~20時30分、日&祝日:10時~15時 、月曜休館

大きな地図で見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 絶品だった海老とアーティチョークのあロス・カルドソ。
  2. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!
  3. こちらが絶品だったパエリア!

お気に入りレストラン

  1. パラソルの下よりも木陰の自然のパラソルの下の方が涼しいらしい。
  2. スペインの赤身肉最高!
  3. タルタル。
ページ上部へ戻る