大好きなスペイン料理レストラン「El Olmo」

バレンシア歴史博物館の帰りに、1年ぶりに「El Olmo」に訪れました。ブログってこんな時便利ですね。ずっと行きたいと思っても家から遠いのでなかなか行けず念願かなってというところ?(しまった、また食べ物ブログに逆戻り・・・)

土曜日にはお昼のメニューはないので、アラカルトで注文しました。

クラシックな感じの店内。クラシックな感じの店内。ひよこ豆のペーストの付きだし。ホタルイカとアーティチョークの炒め物。

まずは前菜の前に、ひよこ豆のペーストがサーブされました。これかなりおいしかった。オリーブオイルもいいもの使っています。

そして前菜のホタルイカとアーティチョークの炒め物。これ、わたしたちを含め3テーブルのお客さん全員が注文していました。アーティチョークは生で手がかかっています。わたしは大体、家では面倒だから絶対に使いたくない食材や、うまく調理できないものを外食時に注文します。ものすごくおいしかったんだけれど・・・量が多い! 1人1つ前菜頼まなくて良かったです。
いやしいわたしは、前菜の量は少し減らして値段も少しだけ下げて、1人2皿前菜を注文出来ればいいのになんて思っちゃいました。

手前から鴨、サーロイン、フィレ。こちらが鉄板。あらかじめ塩がのせてあります。左から岩塩、キノコのソース、赤ワインのソース。

ちょっと日本の焼き肉を思い出します。わたしがいつもオーダーするデザート。レストランで人気のティラミス。

 

そしてメインは2人前35ユーロのCarne a la piedra(カルネ・ア・ラ・ピエドラ、肉の石板焼き?)。こちらは鴨肉、牛サーロイン、牛フィレの盛り合わせでした。
こちらのお店のお肉はランチでおいしいのは確認済み。ソースもキノコのソースと赤ワインのソースがついてきてお肉によくあいました。

お腹パンパンだったけれどこちらのお店は、伝統的スペイン料理のレストランにしては珍しく凝っていておいしい手作りデザートを出してくれるので1人1つずつ注文。

わたしはいつも同じパッションフルーツクリームにイチゴソースと生姜シャーベット添え。パートナー君はティラミス。ここのティラミスはコーヒーの苦みもクリームも今まで食べたティラミスの中でもかなりおいしい方でした。スペインでこんなティラミスが食べられるなんてね。
わたしがいつも頼むデザートは今日はいつもよりちょっと甘味が強いかなと思ったけれど、とってもおいしかった。決してここのデザートは安くはないけれど、試す価値ありです。

最後にコーヒーを頼んで、おじさんがご馳走してくれた手作りリモンチェロのチュピートをもらいお会計は70ユーロ程度。(ガス入りのお水250mlを3本とビール1杯にパン2皿も含まれています)
普段のわたしたちにしてみれば少し贅沢なランチだけれど、大満足でした。

余談ですが、1年ぶりだったのに、おじさんがわたしを見て、「キミ前にも来てくれたよね?」と言われました。お昼の客層はランチメニューが16.50ユーロと高めなので近所のお金ありそうな常連風ビジネスマンや中高年カップルが多く、観光客もほぼ来ない地域なので日本人とスペイン人のわたしたちカップルが珍しかったに違いない。

この日はお昼のお肉がなかなか消化されず、夕食はパスしてお腹いっぱいのまま眠りについたけれど・・・また近々ボリューム満点のお昼のメニューも食べたいな。今度はお昼がパエリアの日に当たりますように!

あ、でも金曜日と土曜日の夜の特別メニュー(20ユーロ)も気になるな・・・。

El Olmo
住所:Calle Alcácer, 26 Valencia, 46014
電話:963 260 138
地下鉄の3番線か、5番線のNou D’octubre駅で下車。地下鉄出口のほぼ目の前ですで中心地にはないので穴場。
お昼は毎日営業、夜は金曜日と土曜日のみ営業。事前予約でパエリアやイカスミご飯のお米料理も出してくれるそうです。

Ver mapa más grande

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 絶品だった海老とアーティチョークのあロス・カルドソ。
  2. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)

お気に入りレストラン

  1. タルタル。
  2. パラソルの下よりも木陰の自然のパラソルの下の方が涼しいらしい。
  3. 白身魚(ボラの一種)を焼いたもの。野菜の火入れが上手!!
ページ上部へ戻る