おうちでパエリア

最近はスペイン料理がブームの我が家。先週は1回もアジア飯を食べなかった!

その中でパートナー君が一番喜んだ料理がこちらのパエリアでした。日本でもかなり知名度の高い料理ですよね。

でもスペインで本当においしいパエリアがどこでも食べられるというのはバレンシア州だけじゃないかなぁ。
バルセロナでは何度かパエリアを食べたけれど、そうね、うーん、味はいいけどなんか違うという感じ。
マドリッドには、バレンシアからわざわざお水を運んできてそのお水でお米を炊き上げる有名なお店があるとか・・・本当かな???

日本のレシピを見ていて、絶対違うでしょ! ってわたしが思うのは、「お米を洗う」、「お米を炒める」、「オーブンで仕上げる」、「はではでな魚介デコレーション」かなぁ。バレンシアで普段好まれるパエリアはイメージよりもかなり地味なものです。

秘密兵器。鶏肉をいためます。お米は洗わない、いためない。おこげを作るために最後は強火。

今回作ったのは、バレンシア風パエリアと呼ばれるもののうさぎ肉なしバージョンです。うさぎ肉を入れるとダシがでて本当においしいけれど、家にあるもので作ったのでこんな感じに。
白くてでっかいお豆は花豆でこちらはバレンシア風パエリアには欠かせません。これも冷凍を使っちゃいました。

写真でもわかるように、材料を炒めて、スープを入れてからお米を投入します。
日本でバレンシア風パエリアを作る場合は、覚悟してオリーブオイルをがっつり入れてください。日本人の想像力と限界を超えるオリーブオイルの量が必要です。(写真2枚目でわかるかな? きっとバレンシア人はもっと入れるかも・・・わたしにはこれが限界です。腐っても日本人ですから。)

ちなみに1枚目の写真はわたしの秘密兵器。これが大きなパエリア用フライパンにきちんと火をまわすための道具です。何年も前のモノなので高さを調節するネジが回らなくなっちゃいました。なのでお皿なんかを使って高さを均等にしています。

日本のお米と同じで10分蒸らします。パエリアを家で食べるときは前菜はサラダぐらいかな?木のスプーンで食べるのが本式だけれど・・・。大体うちではお肉が残ります。

最後は「お焦げ」を作るために強火にして、日本と同じく10分程度蒸らします。

材料は冷凍や家にあるものを使ったので(スープはクスクスを作った時のスープを使ってます)、作り始めてから食べるまで1時間もかからない&失敗もほぼなしの手間なし料理です。やっぱり和食の方が面倒。

パエリアは専門店なんかで食べると写真みたいな木のスプーンを出してくれるところもあります。我が家も見栄えがいいからやってみたけれどやっぱり食べにくいから普通のスプーンに変えちゃいました。

お味は、スープがよかったのでなかなかおいしかったです。「炭水化物命」なパートナー君は大喜びのお昼ご飯となりました。
パエリアを食べるときはお肉が主役ではなく、お米が主役と考えるわたしたちはいつもお肉が残ってしまいます。
捨てるのは絶対イヤなので、今まで無理して食べていたけれど残った鶏肉でスープを取ってみたらこれがかなりおいしい!
まだまだちゃーんとダシが出たので、お野菜を煮て即席ダイエットメニューの出来上がりでした。(わたししか食べませんけど)

さ、今週は何を作ろうかな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)

お気に入りレストラン

  1. 味噌ラーメン。
  2. マグロのタルタル。
  3. スペインの赤身肉最高!
ページ上部へ戻る