火祭り:お約束の食べ物

火祭り時期のお約束の食べ物と言えば、Buñuelos(ブニュエロス)

これは、カボチャを生地に練り込んだ揚げドーナツ…なんですが、あまりカボチャは主張していません。

実は特に大好物という訳ではないのですが、多分多くのバレンシア人やら旅行者のようにわたしもつられて1回は必ず食べます。

さて、どこで食べればいいかって?

ご心配無用。どこでも食べられます。最終日の19日までまだ10日以上あると言うのに町の至る所に(主に中心部ですが)、Buñuelos(ブニュエロス) とChurros(チュロス)の屋台が出ています。

わたしの好きなチョコレートコーティングされたチュロス。大体値段はチュロス6本で5ユーロ程度。

ブニュエロスやチュロスのほかにPorras(ポラス)と呼ばれる太いチュロスのようなものも売っています。

太いから中にチョコレートやらカスタードクリームを詰めたりしてあるものも。

若かりし頃、せっかくだから屋台に出ている揚げもの、全種類食べてやろう!と挑戦したことあります。

お勧めしません。全部同じ味です。普通の日本人なら胸焼けします。

ブニュエロスは一個から買えるし、日本人は一個まず試して見てください。なるべく揚げたてを売っていそうなお店をさがして・・・。

チョコレートにひたして食べたい人は、チョコレートも一緒にどうぞ!

え?どうしても時間がなくて食べられなかった?

しょうがないですね・・・もうここで食べてください。↓。

駅前の屋台。駅前過ぎてびっくり。 作り置きされているけれどどんどん売れて行きます。バレンシアの駅前の屋台です。駅前すぎてびっくりします。

屋台の揚げ油のせいか、それとも人々が買ったチュロスを落としてしまう確率が高いからか、歩くと靴がなんとなく地面にくっつく感じ・・・。

現在バレンシアは爆竹と揚げ油の臭いで覆われています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. こちらが絶品だったパエリア!
  2. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)
  3. 中はふんわり軽いアイスクリーム!

お気に入りレストラン

  1. 広東風の蒸した魚。
  2. スペインの赤身肉最高!
  3. リベラちゃんおススメのTofu de Oro。
ページ上部へ戻る