ガス代節約術で「おでん」

日本から来たKちゃんが持ってきてくれた、涙が出るほどうれしいお土産の正体は、「こんにゃく」でした。

こんにゃくはバレンシアでは見かけたことありません。

バルセロナに住んでいた時は、1個3ユーロ(330円ぐらい)ぐらいで売っていたような。
こんにゃくがまさかの高級食材です。庶民代表のわたしはもちろん買ったことはなかったのでした。

今回はウキウキ考えた結果、今年最後になるであろう「おでん」に決定!

この真ん中に燦然と輝くのが大好物のこんにゃく!コールラビやカンポ・デ・クリプターナのおいしいジャガイモも入れました。

ちくわ、餅いりきんちゃく、がんも、ゴボウ天、イカ天、etc…
そんな素敵な食材はバレンシアでは手に入らないので、わたしの定番は、じゃがいも、大根、中華食材屋で売っている魚の練り物(長方形です)と油揚げ、そしてにんじん。

今回はコールラビもあったのでそれもプラスしました。

ある程度煮込んだら毛布に包んで放置。できあがり。こんにゃく、ジャガイモ、大根が絶品でした。

味付けは誰かからいただいた「おでんの素」+塩、オイスターソースなどで適当に味付け。

ある程度火が通ってきたら、ガス台からおろして・・・。

料理用に使っている毛布に鍋ごと包みます!

こうすると、ゆーっくり火が通って味もよく染みます。ガス台の前にずっといる必要や煮汁が減って焦げる事を気にしなくていいし、さらにガス代の節約にもなるのでわたしが煮物を作るときはいつもこんな感じです。

煮込みが足りないなーって時は、また火にかけて沸騰させて、火からおろして再度毛布で包む・・・というのを繰り返します。

ということでKちゃん、ごちそうさまでした。久しぶりのこんにゃく堪能したよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

関連記事

コメント

    • れいこ
    • 2012年 4月 10日

    もう長いあいだ作ってないけど、昔よく作っていた時はタコと鶏肉を入れてた。
    鶏の方が牛スネ肉を入れるよりも食べた時に味わいがあったよ。
    あ、それからゆで卵も!
    おでんって地方によって具材も違うのかなあ〜

      • ナナイチ
      • 2012年 4月 10日

      わたしは実はおでんのゆで卵とジャガイモがあんまり好きではないの。

      でもジャガイモ入れなかったら具材少ないし、何しろ晴子ちゃんのおいしいジャガイモだから入れた!
      牛スネ肉も牛すじも入れないな、東京は。タコは・・・どうだろう。我が家は入れなかった。

      タコは次は絶対に入れよう! 存在忘れてたけど好きです。

  1. うわっ、うらやましい!こんにゃくなんて久しく食べてないわぁ。
    日本食材はあっても高級食材だもんね。火祭りの時に来た子に納豆を冷凍して来てらったよ。日本から来てくれる人には何かしら頼んじゃうよね。

      • ナナイチ
      • 2012年 4月 10日

      うらやましーでしょー!
      高級食材&手に入らない食材だもんね、バレンシアでは。

      納豆はバルセロナにいたときにたまに手には入っていたけど・・・そうそう日本人のお友だちが日本から冷凍させて持ってくれば大丈夫って言ってた。わたしも今度は冷凍して持ってきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. フィデウア。
  2. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

お気に入りレストラン

  1. パンにつけて食べます。
  2. 皮を向いたらロメスコソースをつけて上を向いて食べます。
  3. 牛肉のクスクス。
ページ上部へ戻る