パエリアを食べた日の夕食。

あんまりお腹が減ってなかったので町をブラブラ散歩(日曜日の夕方散歩は定番)してピンチョスでもさくっと食べる事にしました。

場所は最近なぜかピンチョスのお店が集中している、Plaza de la Reina(レイナ広場)とPlaza del Ayuntamiento(市庁舎広場)を結ぶCalle San Vicente Mártir(サン・ビセンテ・マルティル通り)にあるバスク料理やピンチョスのお店SAGARDI(サガルディ)。

ピンチョスがずらり!1人5個ずつ食べました。

最後にバレンシアでピンチョスを食べたのはどうやら2011年4月ORIOみたいです。ブログって便利ー。

Sagardiなかなかよかったですよ。陣取った場所が、温かいピンチョスが出てくる度に一番にオススメされる場所ってのも理由(店の奥のカウンターです)? さすがいろいろな所にお店を出しているチェーン店はなかなかやりますね! 温かいピンチョスは人の入り具合を見てか、3~4つずつ小出しにサーブしていました。こーゆーのも経験?? 社員教育の一環・・・そんなものないか。
わたしが一番気に入ったのは生ハムの上にちょっと甘くソテーされたキノコがのっているやつ・・・照り焼き風?

ピンチョスはどれも1つ1.80ユーロ。パートナー君の頼んだシドラが1.75ユーロでわたしの頼んだトニック・ウォーターがシドラより高くて2.60ユーロでした。

お昼食べ過ぎたし、ご飯作るのも面倒なんて時はまた利用しようっと。

余談ですが、ピンチョスの食べ方で観光客を見分ける方法知ってます?
ピンチョスには爪楊枝が刺さっているので(これはお会計の時必要なので捨てないで!)、爪楊枝を持ってお皿にピンチョスをのせたい気持ちは分かります。でも爪楊枝は外れることもあります。ピンチョスの土台がフランスパンの場合はパンの部分を持ってお皿にのせてくださいね!!

SAGARDI
住所:Calle San Vicente Mártir, 6, 46002, Valencia
電話:963910668
こういうチェーン店系でまあまあ美味しいお店って毎日営業しているし、ピンチョスなら食事時間をスペイン時間に合わせなくてもいいので便利!

Ver mapa más grande

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 絶品だった海老とアーティチョークのあロス・カルドソ。
  2. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

お気に入りレストラン

  1. 初めて食べたSOPE。
  2. 白身魚(ボラの一種)を焼いたもの。野菜の火入れが上手!!
  3. なすの揚げ浸し
ページ上部へ戻る