久しぶりにリフレッシュした週末1:ワイン、リキュール、カバそして食の見本市@トゥリア川

先週金曜日に気がついた(←遅い)、トゥリア川で開催されていた、ワイン、リキュール、カバそして食の見本市。スペイン語では、「XXIII Mostra PROAVA de Vinos, Cavas, Licores y Alimentos Tradicionales 2011」だそうです。勝手に訳しました、あはは。
ちなみに、トゥリア川、とは言っても水はありません。市内を横切るこの川、昔は大雨のときたくさんの洪水被害を出したらしく、現在では水路を変えられ、この旧河川は埋め立てられて公園になっています。日があるうちはお散歩コースにぴったり。日が落ちると治安はイマイチなので女性の一人歩きはあまりお勧めしません。

embutido(腸詰やハム)のお店。でっかい黒いボールはブタの血でできたソーセージでくるみ入りとオリーブ入りがあった。チーズ屋さんチーズケーキ屋さん。普通のチーズケーキ以外にもブルーベリー入りやら、チョコレートチーズケーキやらたくさんありましたパエリアを作っているところ。一皿3.5ユーロだったかなぁ?でももう午後の5時ですけど食べる人いるの?

まずは何があるか確認するためにぐるっと一周。
一番多いのは、ワインのスタンドで、その次に多い、というか目立ったのがチーズとEmbutidoと呼ばれる腸詰やらハムのお店。さすがスペインという感じ・・・。
バレンシア州の食の見本市なので、生ハムは多くなかったけれど、Morcilla(モルシージャ)と呼ばれるブタの血でのソーセージがおいしそう・・・大好物です。

タパスを食べたあとの残骸。これは、ムール貝の一種、Clochinas(クロチナス)。ムール貝より小粒で味がよいとされますそしてわれらがバレンシア州が誇る、Orchata(オルチャタ)夏の風物詩です。甘いけれど癖になる飲み物。行列ができていたチョコレート屋さんバレンシア産のビールだそうです。1瓶2ユーロ。これは市内でも見たことある

もちろん会場では大いに飲み食いしてくれという感じで、紙コップ入りのワインとタパスを楽しむ人、その場でチョリソを焼いてもらってフランスパンでサンドイッチを作ってもらいがっつり食べている人、デザートに甘いものを求める人、チーズの試食を真剣にしてしている人、オリーブオイルのスタンドで話しこむ人・・・。

なかなか盛況で楽しめました。何度も同じところ回ったりして・・・。わたしたちも月曜日のお昼ご飯にチョリソやら、ソーセージを買い込みました。あ、もちろんわたしの大好きなMorcilla(ブタの血のソーセージ)も!

そういえば、チョコレート屋さん、パン屋さんも多かったし、はちみつもたくさん売っていた。はちみつ、今になって買えばよかったとちょっと後悔しています。ま、来年のお楽しみってことで!
来年はお昼時に行ってあの大きなチョリソの入ったボカディージョ(フランスパンのサンドイッチ)を食べるぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 中はふんわり軽いアイスクリーム!
  2. フィデウア。

お気に入りレストラン

  1. ビビンパ。
  2. 生ハム、ルッコラ、トマト、モッツァレラのピザ。
  3. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
ページ上部へ戻る