寒い日の料理:Cocido

もっと寒い時にUPすればよかったなぁ…食べ物や火祭りの写真がたくさんでブログの更新が追いついていません。

Codido(コシード)、またはCodido Madrileño(コシード・マドリレーニョ、マドリッド風コシード)と呼ばれる料理です。鶏・豚・牛(全部骨付き)、Pelota(ペロタ、ボール)と呼ばれる大きな肉団子、生ハムの塊に、生ハムの骨を長時間煮て取った濃厚なスープが絶品です。
バレンシアではPuchero(プチェロ)と呼ばれる似たような煮込み料理があります。こちらもFabada Asturianaと同じで時間はかかるけれど塩で味を調えればいいだけの絶対失敗しない料理です。

個人的には野菜をたくさん入れるのでCocidoの方が好き。毎日食べられます。

お肉屋さんで適当に選んだもの。鶏肉、豚肉、牛肉それぞれ骨付き&脂身付きです。右下の丸いモノはPelota(ペロタ、ボール)と呼ばれるバレンシアの煮込みに入れる肉団子。肉を入れ、セロリ、大根、カブのような野菜などを入れて煮込み開始。左上にその肉くれと言わんばかりに鳴いている猫が写ってしまいました。コラーゲンたっぷりのスープが取れます。大目にスープを取るのでタッパーで保存。肉からスープを取ったら、別に煮ておいたガルバンソ豆を入れて1時間、最後の1時間でニンジンとジャガイモを加えて更に煮込みます。

作り方は本当に簡単。煮込むだけ、それだけなのです。ガルバンソ豆をお肉と一緒に煮るレシピもありますが、わたしは大目にスープを取り、後で他の料理に使うのでスープを濁らさないために、スープを取り分けるまではガルバンソ豆は別にゆでて、柔らかくなり始めたら他の材料と一緒に煮込む派です。

スープが前菜で、その次に肉や野菜の具を食べるんですが、わたしは全部食卓出します。まずはスープにパスタを入れたモノを飲みます。でもわたしは勝手に野菜やらガルバンソ豆、そして肉までも入れて食べてしまいます。肉と野菜。ガルバンソ豆。

Codidoは、初めに濃厚なスープにパスタを入れたモノを前菜として食べ、その後野菜やお肉を食べるそうなんですが、わたしは全部一気に食卓に出します。
面倒だし、それにこの濃厚なスープに野菜や肉を入れて食べるとおいしいんだもん!

がっつり6人分作ってほぼ毎日食べていたので、暖かくなった今体重計に乗るのが怖いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. こちらが絶品だったパエリア!

お気に入りレストラン

  1. ビールの種類もたくさんあるみたい。
  2. 皮を向いたらロメスコソースをつけて上を向いて食べます。
  3. この店のウリ、ナポリのブラタチーズ。
ページ上部へ戻る