サーモン丸ごと一本買い&冷凍保存方法

以前は、フランス系激安スーパーのDIAの真空パックされていたサーモンをお刺身or寿司用に大量購入していたんですが、やはり「庶民生活」なのでもっと節約のためにとうとう最近はサーモンを丸ごと一本購入して自分で寿司や刺身用に捌いてまとめて冷凍するようになりました。

はっきり言って大きなまな板はないし、包丁はよく切れないし、魚の捌き方も怪しいもんですが、安さと新鮮さに負けた!
市場よりもCarrefourやAl Campoと言った大型スーパーの方が余り大きすぎないサーモンを丸ごと購入出来るので、目と色つや、お腹の内側(内臓は処理してあります。いくらがなくて残念…)を見せてもらって、頭は捨てずにもらい鱗だけ取ってもらいます。頭はいい出汁が出るので、アラなんかと一緒に生姜をきかせたお味噌汁にしちゃいます。

さて、肝心の捌き方は…すみません、プロではないので皆さんネットなどで調べて見てください。今日はわたしの下処理&冷凍方法だけ紹介します。誰か捌き方とか本格的に教えてくれないかなぁ…。

丸ごと一本買うと1キロ当たり6ユーロから7ユーロでお得です。適当に1回で使い切れるぐらいの大きさにします。よく水気を拭き取って更にキッチンペーパーできっちりと包みます。キッチンペーパーの上からきっちりラップを巻き冷凍庫へ。

サーモンをおろして、骨の周りなどの身はスプーンなどでこそげ落として別の皿に取り、身はバット(わたしはオーブン板)に置き、塩をよくふります。水が出てくるまで2時間ほど放置。捌くときに出た骨やアラはその日に食べない場合は水気をよく切りラップをかけて冷凍庫へ。

  1. 塩を洗い流して、今度はそのバットの中に日本酒をドボドボ浸かるまで入れてまた3時間ほど放置します。日本酒がベターですが、白ワインでもOK!
  2. 日本酒を洗い流して次は1回で使い切れる大きさにするか柵取りします。(これもネットを参考に!)わたしは大体お刺身&寿司用と焼き物やみそ漬け用に分けます。
  3. 刺身&寿司、焼き物やみそ漬け用のモノの身をよく水気を拭き取り、キッチンペーパーで一つずつ包みます。
  4. 更にキッチンペーパーの上からきっちりとラップで包み冷凍庫へ。

塩をふり、日本酒に漬けることでこちらの脂が多めなサーモンも脂や魚臭さが抜け身も若干しまる気がします。冷凍は必ずキッチンペーパーに包んで解凍の時に出るドリップを防ぎます。この二手間でいつでもおいしいサーモンが食べられますよ。…とは言っても実はわたしは刺身サーモンがそれほど好きではないんですが、まぁ手軽に手に入るしスペイン人は好きなので、食卓への登場回数も多くなっています。

まずは骨の周りの身などをスプーンでこそげ落としたものでサーモン丼を。こちらは刺身。レモンコンフィを沿えて。骨周りからスプーンでこそぎ取った身の部分は、早速パートナー君が夕食のサーモン丼にしていました。冷凍庫に普通のご飯がなく、なんと豆ご飯の上にサーモンをのせたのはご愛敬。

翌々日はまたパートナー君の希望によりサーモンのお刺身を食べました。良い感じにサーモンの臭みが抜けたんだけど、盛りつけがイマイチでした。薔薇にするにはもっと薄切りがいいんですよね…何も考えずに切って、あとから盛りつけ方を考えたというのがバレバレです。

お刺身用のサーモンはキッチンペーパーにきっちり包んで置けば冷蔵庫でも2日か3日は持ちます。冷蔵庫を開けたときにドリップが出ているようならキッチンペーパーを取り替えるといいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ナナイチ
    • 2013年 5月 03日

    Yukariちゃん、そんな便利なものがあるの???? うわ、知らなかった。そりゃいいね。次は絶対に買う! 包丁はそんなにいい物じゃなくても大丈夫ってこと? 切れるようになると柔らかいおさかなも綺麗におろせるはずだからいいねぇ!
    あと、わたしは巻き寿司をすごく作るから包丁が切れないと困るんだよね。いい情報ありがとう!

    • ゆかり
    • 2013年 4月 19日

    偶然というか、何というか、私も今年は魚をおろせるようになろうと格闘中。こっちだと、切り身は冷凍のしか売ってないからね。漁港に行って、おばちゃんから買うの。日本の援助で屋根はついてるんだけど、冷蔵庫とかももちろんなくて、タライにゴンゴンと入れられたお魚をこれならいいかな?みたいな感じで買ってくるのさ。ワイルドでしょ。
    新鮮そうだったら、お刺身もするし、まあお腹壊したら自己責任だなーって食べてる。
    そこまでして食べるのは筋金入りに食いしん坊なんだろね、お互いに。

      • ナナイチ
      • 2013年 4月 21日

      私は結構前から魚さばきはじめたんだけど、これやっぱりちゃんと誰かに教えてもらってきっちりマスターしたいよー。
      ゆかりちゃんはいい包丁持ってる?? 包丁も悪くてイマイチなんだよね。しかしわたしはそんな風に売っているお魚、焼くならともかく刺身は勇気でないかも! 真空パックになっている冷凍のサーモンとかはないの??

        • ゆかり
        • 2013年 4月 29日

        何年か前に日本に帰った時に砥石を買ってきたので、包丁はいつも魚をさばく前に研ぐの。砥石はいいよー。包丁ってお手入れして使うものなんだなーってすごく思った。私の包丁に感化されて今ではグレッグも包丁といでるよ。引っ越しの時も、マイ包丁はスーツケースに入れて移動してる我が家です。

          • ナナイチ
          • 2013年 4月 29日

          うちにもヨーロッパ風の砥石あるんだけど…。日本で砥石買ってきてうまくできず、いい包丁がだめになったらショック! 我が屋で一番切れる包丁は、セラミックのやつだ。私も砥石デビューして、ヨーロッパ風のやつ捨てるかな。

            • ゆかり
            • 2013年 5月 03日

            最初は補助具っていう、包丁の角度を固定できる金具を使ってみるといいよ。金物屋さんとかホームセンターみたいなところで200円ぐらいで売ってるの。感覚がわかったら、これなしでも大丈夫になる。それこそ、カミソリ並みに切れるようになるから、包丁の扱いに注意が必要になるけど。セラミックは専門の業者さんじゃないと研げないみたいね。

    • みらりん
    • 2013年 4月 15日

    お嬢さんのまめさには、本当に感心するよ~。こういうサーモン丼にする時も一回、冷凍庫にいれてから解凍してる?しょうもない質問してごめん~。私もサーモン丼食べたくなってきた!

      • ナナイチ
      • 2013年 4月 15日

      みらりん、バルセロナに住んでいたらやりません。Can Kenjiにみらりんと行きます。でもほらバレンシアだしー、色々あって節約してるんで頑張ってるのよーん。値段全然違うし。
      骨の周りをこそげおとしたサーモン丼の時は冷凍しないでそのままいっちゃってます。日本人が見て、臭いかいでOKな魚は全然冷凍しなくてもOKよ!

        • みらりん
        • 2013年 4月 18日

        冷凍しなくて平気だよね。よかったー!この間、ばれちゃんがコメントで言ってるレストラン、初めてランチに行ったんだけど(夜しか行ってなかったし、かなり久々)、なんか、がっかりだった・・・。味付けがスペイン人向けっていうか濃くて、素材の味が消えてた・・・。たぶん、化学調味料も使ってるなーって感じ。久々に一緒に行ったシェフな友達も同じこと言ってたし、残念なりよ。。。

          • ナナイチ
          • 2013年 4月 18日

          えぇ、ショックだね。
          何か焦げちゃんもがっかりした見たいだから何かお店の方針が変わったか、調理人が変わったか、もしや調理人によって差があるとかなのかしら…。
          ランチメニューを頼んだの?? わたしも夜しかいった事ないんだけどね。前の仕事辞めてから家で自分の好きなモノ食べているからお寿司のデリバリーや和食レストランに行くこともなくなっちゃった!

    • Hiroko
    • 2013年 4月 15日

    すごい!切り取った身、お店で売ってるのみたいですよ!うちも早速、明日サーモン丼にしてみます

      • ナナイチ
      • 2013年 4月 15日

      Hirokoさん、いつも台所では一人なので動画はムリでしたー。というか私はちゃんと習ったわけではないので動画なんて飛んでもないです!!

      こういうきれいな柵の部分と焼く分のいい加減な切り身とたくさんあるんですよ、きれいなヤツだけのせました、ふふふ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!
  2. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」

お気に入りレストラン

  1. デザートクレープ。バターと栗のクリーム。
  2. 初めて食べたSOPE。
  3. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
ページ上部へ戻る