中世から続くバレンシアの陶器市

バレンシアのカテドラルがあるレイナ広場(Plaza de la Reina、プラサ・デ・ラ・レイナ)にて中世から続く陶器市「Mercado de la Escuraeta」開催中!

14世紀辺りから続く由緒正しき陶器市だそうです。ここには、若き見習い職人たちがやってきて自分の作品を認めてもらい、ギルドに入会させてもらえるように…と作品を売った場所だそうです。当時は華やかな色がついたタイルや陶器ではなく、素焼きの素朴なものが売られていたようで、バレンシアの近郊の村や街からも大勢の人が陶器を買いに来たそうです。

バレンシアは昔からタイル陶器で有名な街だったんですねー。

レイナ広場。今時はお土産なんかも売られています。陶器市で売られているCazuela。オーブンでも使えます。陶器市。楕円形のもの使いやすそうです。ひなげしの花が描かれたお皿が気になったけれど、気に入ったサイズのものは完売。

わたしも用事のついでにさーっと市場を見学。

そうしたら、ずっと前から欲しかったひなげしモチーフの陶器を売っているところがありました。小さなボール(オリーブの実なんかを入れるのによさそう)なら3.50ユーロ!

でもお店の人に、探しているサイズを聞いたところ、ちょっと前に売れちゃった…とのことでした。6月2日(日)の最終日までに新しい商品の入荷もないそうでがっかり。次にどこかで見つけた時は絶対に買います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. こちらが絶品だったパエリア!
  2. 絶品だった海老とアーティチョークのあロス・カルドソ。

お気に入りレストラン

  1. デザートクレープ。バターと栗のクリーム。
  2. Sidrería El Molinón。
  3. 広東風の蒸した魚。
ページ上部へ戻る