東京で本場のパエリアを食べるなら:バレ パエージャ!

元バレンシア在住のシェフが作るパエリア専門店が東京(門前仲町)に出来ました!

Vale Paella ~arroceria gastronomica~ (バレ パエージャ ~アロッセリア ガストロノミカ~)と言います。パエリアではなく、パエージャなのはなるべく現地の発音に合わせたようです。実は今年1月にオープンでまだ伺っていないけれど…。

でも紹介しちゃいます。味は保証します。絶対おいしい。まだ食べていないけれど断言できます。

お店の看板、バレンシア風パエリア実はシェフのK君とは元同僚で、彼が作ったご飯を何度も食べた事があるのです。限られた食材で作る賄いの何気ないお惣菜でも、料理センスが抜群の彼が作ればこれがプロか、とうならせる味に。味付けは塩、こしょう、オリーブオイルだけなのになんでこんなにおいしいの! と言った感じなんです。

そしてVale Paella ~arroceria gastronomica~では「本物のパエリア」を提供するために、契約農家に特別に作ってもらった野菜を使用したり、お米にもこだわっているのにカジュアルランチはなんと800円と超お得です。

スペインのランチは決して安くないので、バレンシアのお米専門店で800円のパエリアを食べることはほぼ不可能。それが東京で本物のパエリアを800円で食べられるなんて信じられません!

イケメンシェフ。この超お得なランチメニュー以外にも、ハッピーアワーがあったり、お客様が来店してから炊き上げる、鶏肉と兎肉のバレンシア風パエリアのコースがあったり至れり尽くせりです。

対面式キッチンなのでカウンターに陣取れば、パエリアを作るところを見学出きるし、話し上手のシェフK君とバレンシアやスペインサッカーの話で盛り上がれるのも魅力の一つです。(ちなみにK君はイケメン&長身&独身です)

皆さん、是非本場のパエリアを日本でも味わってください!

Vale PaellaVale Paella ~arroceria gastronomica~
(バレ パエージャ ~アロッセリア ガストロノミカ~)
住所:〒135-0048 東京都江東区門前仲町1丁目5-6(都営大江戸線・営団地下鉄 門前仲町駅 4番出口 徒歩1分)
電話:03-5876-5580
Facebookのオフィシャルページはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • Ana
    • 2013年 7月 31日

    本場のパエリアが食べれるだけでなく、シェフがイケメン&長身&独身となれば娘同伴で是非行かねば(笑)

      • ナナイチ
      • 2013年 8月 01日

      Anaさん、よければ予約しますので、娘さん同伴で是非!
      シェフのK君は、サッカーにもすっごく詳しいですよ! もちろんバレンシアファンです。

    • うさ
    • 2013年 7月 31日

    K君、元気~?!?!
    ほんと、信じられないね、800円で本格パエリヤ!
    お伺いできるのはいつのことやら・・・グスン

      • ナナイチ
      • 2013年 7月 31日

      スペインのお昼定食によくある、大鍋で作るやつだけど、たしかスープ、サラダ、コーヒーがついて800円なんだって。すごいよねぇ…。

      FacebookにもUPしたのでシェアしてあげてください、よろしく!

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 中はふんわり軽いアイスクリーム!
  2. 絶品だった海老とアーティチョークのあロス・カルドソ。
  3. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

お気に入りレストラン

  1. マグロのタルタル。
  2. Sidrería El Molinón。
  3. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
ページ上部へ戻る