バレンシア産にこだわる小さなお土産屋さん

お店の外観。

残念ながら閉店しました。

バレンシアの旧市街に新しくオープンした、バレンシア産にこだわる小さなおみやげ屋さんcasa llunaで突撃取材しました。本物の突撃です。なにしろきっかけはお店の前を通り掛かり、新しいお店だなーと外から眺めていたらお店のお兄さん(オーナーでした)に声をかけられたので、お店のコンセプトなどを親切に説明してもらったのです。

感じの良いオーナー曰く、

「バレンシアの中心地には失礼だけど、安くて粗悪な土産物を売るお店がたくさんある。僕はそういうお店じゃなくて、バレンシアにももっと美味しい物や素敵な物があると知ってもらいたい。」と熱く語っていました。ほんと、同感です。

店内はまず右手にバレンシア州産の地ビールがたくさん(ここ数年地ビール流行ってます)。今年スエカ村の国際パエリアコンクールで優勝した、東京のお米料理専門店バレ パエージャでも取り扱いのあるLa Soccarada(ローズマリー風味)というビールから、見たことの無いメーカーまでたくさんありました。オーナーのオススメは写真1枚目中央のEl Boquerónという海水を使ったビールだそうです。塩辛くはないけれどほのかに海の香りがするとか。瓶から直接飲まず、必ずグラスに入れて泡をきちんと作って飲むのが良いそうです。

こじんまりとして可愛いお店です。真ん中のビールは海水で作られたビールです。ビワのビール。ローズマリー風味のLa Socarradaというビール。

缶入りのオリーブオイルは持ち運びが便利なのでお土産に人気だそうです。写真には写っていませんがオーナーはスエカ村の出身でおいしいパエリアを作るのに欠かせないスエカ村のお米(Arroz Bomba)がオススメだそうです。500g入のお米はパッケージも素朴で可愛い。

もちろんワインも!シンプルなデザインが素敵なオリーブオイルの小瓶。持ち運びに便利な缶入オリーブオイル。コカと呼ばれる素朴な焼き菓子。アーモンドプードル入です。

オリーブのパテ、コフィチュール類もありました。料理のアクセントやサラダのドレッシングに使えるソースもあり、オーナーのオススメは一番使いやすそうなトマトですしたが、ジン・トニックやウォッカとオレンジのソースなんて変わったものもありましたよ。

オリーブのパテ。コンフィチュール。料理のアクセントやサラダのドレッシングに使えるソース類。ジン・トニックやオレンジ&ウォッカなんてフレーバーもありました。

ちなみにお店の名前は、「casa」は家で「lluna」はバレンシア語で月なので、「お月様のおうち」って感じでしょうか。小さくて可愛いこのお店にぴったりの名前です。旧市街の便利な場所にあるのでバレンシア産のお土産が必要な方、是非お立ち寄り下さい。オーナーは英語も話せます。

casa lluna(お店のオフィシャルサイトは現在準備中なのでFacebookをご覧下さい)
住所:Cerrajeros 6, 46001, Valencia
オープン:日曜日~月曜日。現在のところお休みなしです。


Ver mapa más grande

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • Ana
    • 2013年 10月 16日

    うううううう~~~~っ
    3月に此処が出来ていたら、お土産探しも楽だったのに
    残念(T_T)

      • ナナイチ
      • 2013年 10月 27日

      こんばんはー。でもまぁ、他にもお土産屋さんありますし…。次回また!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)
  2. フィデウア。

お気に入りレストラン

  1. パラソルの下よりも木陰の自然のパラソルの下の方が涼しいらしい。
  2. タルタル。
  3. 広東風の蒸した魚。
ページ上部へ戻る