バレンシア秋の味覚:焼きかぼちゃ(かぼちゃのオーブン焼き)

アンダルシア旅行記の途中ですが、バレンシア地方(及びその周辺)の秋の味覚を紹介します!
バレンシアで秋になるとよく見かけるのがCalabaza asada(カラバサ・アサダ)や Calabaza al horno(カラバサ・アル・オルノ)と呼ばれる、焼きかぼちゃ(かぼちゃのオーブン焼き)です。

今回はお友達に教えてもらったやり方(↓)で焼いてみました。

  1. オーブンを200度に温める。
  2. かぼちゃを横半分に切る。種は食べられるので取っても取らなくてもOKです。
  3. オーブンの鉄板にアルミホイルをしき、かぼちゃをのせたらかぼちゃの表面をアルミホイルで覆い、かぼちゃに火が通るまで蒸し焼きにする。(直径30センチの物では1時間は掛かります)
  4. 竹串がすーっと通るぐらい火が通ったらアルミホイルを外し、表面に焦げ目をつける。

アルミホイルでかぼちゃの表面を覆うこちらの方法で大成功でした。H子さん、どうもありがとう!

直径30センチぐらい。アルミホイルをかぶせます。種も食べられるので一緒に焼きましたいただきまーす!

焼きかぼちゃはバレンシアではれっきとしたデザートです。日本人からしたらスペイン料理をたっぷり食べた後にこんなどっしりしたデザート食べるの?という感じ驚きですよね。
ちなみに、スペインのかぼちゃは日本のホクホクして甘みたっぷりの栗かぼちゃとは違い、水分が多くベチャっとした食感で甘みは薄めで煮物には不向きですが、焼くと糖度がアップしてねっとり裏ごししたような食感が楽しめます。

甘さが足りない場合は好みで砂糖やはちみつをかけると良いのですが、今回こちらのかぼちゃは期待以上の甘みでそのまま頂きました。旬のものバンザイ! かぼちゃの種も美味しいので、殻を歯で半分に割って中の種を食べてみて下さい。香ばしくてやみつきになりますよ。
焼きかぼちゃは市場の八百屋さんやパン屋、スーパーでも売っているので是非秋にバレンシアへ旅行の方は試して下さいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」
  2. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

お気に入りレストラン

  1. Sidrería El Molinón。
  2. 広東風の蒸した魚。
  3. ビールの種類もたくさんあるみたい。
ページ上部へ戻る