アンダルシア旅行:マラガ

仕事とバカンスを兼ねてアンダルシア地方を回って来ました。ルートはグラナダセビージャマラガ→ロケタス・デ・マル→マイレナベルハエル・エヒードアルメリアです。

10月16日~18日:マラガ(前回の記事「セビージャ滞在20時間」はこちらから)

マラガは17年前にバックパッカーをしていた時にバルセロナ行きの電車に乗るために6時間滞在したのみ。6時間もあるならなぜ観光をしなかったのか? という疑問が聞こえてきそうですが…夏のマラガは本当に暑かったので20キロ近くあったバックパックを背負って観光をするか、それともコインロッカーにバックパックを預けるかで、わたしが出した結論はコインロッカー代をケチってひたすら電車を待つ、でした。と、言うことで全く土地勘なし+更に事前調査もサボって街歩きしました。

事前調査はしませんでしたが、治安も良好なのと市内中心部は綺麗に整備されていて、スペイン在住10年以上のわたしには、ここは危険、これは無理! と思うところはありませんでした。アンダルシア一般治安は良いと思います。(まぁ、日本には敵いませんけどね。)

歩行者天国のCalle Marqués de Larios(マルケス・デ・ラリオス通り)。スペインの大都市にあるお店はほぼ全て揃っていました。マラガ県にはやぎが多いそうで…。季節限定の野外展示でした。やぎたくさんいましたよ!マラガの旧市街。

歩行者天国のCalle Marqués de Larios(マルケス・デ・ラリオス通り)がマラガの中心地になるんでしょうか。かなり広いの通りで両脇にはスペインの大都市で見ることが出来るブランド店はほぼ全て揃っていました。脇道に入るとバルがぎっしりです。マラガは日本人にはピカソの誕生地ぐらいしか馴染みはありませんが、海を求めてやってくるヨーロッパ人には人気のリゾート地です。

アルカサバ(イスラム教徒の城塞)はヒブラルファロ城との共通券もありますが、入場時間が遅く、ゆっくり見学したかったのでアルカサバのみ入場しました。イスラム調の庭園は初夏はきっと色とりどりでもっと美しいと思います。マラガのアルカサバはミニ・アルハンブラ宮殿だよと言われていたのですが、まぁそう言われるとそうかも…。アルカサバのすぐ下にはローマ劇場の遺跡もあります。

アルカサバからのマラガの景色も素晴らしかったです。

マラガのアルカサバ、一見アルハンブラ宮殿のようです。マラガのアルカサバ。マラガのアルカサバ。マラガのアルカサバ。
マラガのアルカサバ。マラガのアルカサバ。アルカサバからの景色。マラガのカテドラル。

お義母さん曰く、マラガは数年前に訪れた時よりも町が整備されているし、港もかなり変わったそうです(地元の人が素敵なレストランやバーがあると言っていました)。新しい美術館もオープンする予定らしく今までの地中海のリゾート地だけではなくカルチャーにも力を入れているんだと思います。

1日目に夕食を食べたバルがものすごく安くてそこそこのクオリティで驚いたのですが、名前を失念。ご紹介出来なくて残念です。あれは驚愕の値段でした。ハンバーガー(ポテト付き)が2.5ユーロ、シーザーサラダ3ユーロとかそういう値段なのです。

次回はようやく本格的にバカンススタートで…の前に、「マラガのチュロス」をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!
  2. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)

お気に入りレストラン

  1. 皮を向いたらロメスコソースをつけて上を向いて食べます。
  2. ビールの種類もたくさんあるみたい。
  3. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
ページ上部へ戻る