アンダルシア旅行:アルプハラの白い村マイレナ-アナおばさん

仕事とバカンスを兼ねてアンダルシア地方を回って来ました。ルートはグラナダセビージャマラガ→ロケタス・デ・マル→マイレナベルハエル・エヒードアルメリアです。

10月18日~20日:ロケタス・デ・マル(Roquetas de Mar)とマイレナ(Mairena)に滞在(前回の記事「マイレナの風景」はこちらから)写真はクリックすると拡大しますので、是非大きな画像で楽しんで下さい。

さて、マイレナ村は村人みんながどこかで血が繋がっているぐらい小さな村です。村に到着した瞬間から、「ロセンドのところのマルガリータ(義母です、スペイン語だとMargarita de Rosendo)」が帰ってきているとあっという間に噂が流れるので、短い滞在(1泊2日)の間に、おじ、おば、いとこ辺りの家はすべて顔を出さないといけません。親戚めぐりに漏れがあったらと思うと…想像するだけで恐ろしい。更にお義母さんは、幼友達も回らないと行けないのでかなり忙しい。

面白いのは高齢者が多いからか、外の世界に興味がないのか、それとも何でも来いと全て受け入れる人たちなのか、日本人嫁のわたしが顔を出しても外国人であることにほぼコメントなし。(他の都市の親戚を訪れた時は、87才の叔母にも「スペイン好き?」って聞かれました)

アナおばさん。滞在中、ロサおばさん以外に一番お世話になったのが、右の写真のアナおばさん。パートナー君のお父さんのお姉さんです。

家に遊びに行ったら、ちょうど保存食のPimiento asado(赤ピーマンのオーブン焼き)を作っている所でした。もう70才はとっくに過ぎていますが、Pimiento seco(干した赤ピーマン)や干しトマト、びん詰トマトなどの保存食作りに余念がありません。足が痛い、腰が痛い、もう歳だから家の事をするのが大変で…と言う割には、お手製のネズミ捕りを仕掛けて「今日はね、私が作った罠に4匹もかかったの!」って大喜びしたり、家の前の坂道を降りる足取りはシティガールと化したお義母さんよりも全然しっかりしています。(しかも足元はつっかけなのに!)

Pimiento seco(干した赤ピーマン)、彼女が取ってきて干したローレルの葉、干したトマトを山のようにお土産に頂きました。それ以外にも今日のランチに食べなさいとトマトを持たせてくれたり、彼女の家に行くたびにりんごもらっちゃいました。去年お義父がアナおばさんからだよって自家製オリーブオイルをくれたんですが、今年はオリーブが大不況で殆どできなかったからあげられないんだーと言っていました。

家の中も全部見せてくれて、居間やベッドルーム以外は昔の村の家をそのままにしてあります。面白くて写真撮りまくりでした。アナおばさんは、「何がそんなに面白いの? そんなにわたしの家すごいの?」って感じでしたけれどね。

この足取り!トマトと豆。貯蔵部屋は秘密基地のよう。昔はこちらにロバを入れていたようです。道具部屋。家の中は急な階段ばかり。アナおばさんのネズミ捕り。屋上の赤ピーマン。

そしてこちらが驚きのマイレナ風玄関のドア。アナおばさんの家です。

道路側。内側。

スペインのどこにでもあるドアなんですが、道路側からみると、写真一枚目のような紐がだらーんとたれています。これは紐をひっぱると内側の鍵がひっぱられて、ドアが開くようになっているんです。

つまり、ちゃんと鍵を掛けていなければ、外から誰でも中に入れちゃう仕組みなのです。それだけ安全って事ですね。とは言え最近は昔に比べると物騒になってきたので紐は垂らしたままだけれど外出する時や家に一人の時は中から鍵を掛けるというお年寄りも増えたみたいですが、まぁ都会に比べたら別世界でのんびりしたものです。

次回は、「ホアキンおじさんは羊飼い」をお届けします。

▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

偶然にもこんな本をみつけました。1920年~1934年にマイレナ村近くのジィェセン(Yesen)村に住み着いていた、イギリス人の書いた「グラナダの南へ スペイン農村の民俗誌」という本です。↓

 

ジェラルド・ブレナン著で、彼はスペイン関係の本をいくつか書いているようです。1920年代のウヒハルや、マイレナ村も家を借りる候補地だったなんて記述もありもあり、お義母さんのお父さん(パートナー君のおじいさん)が子供の頃の暮らしがわかるんじゃないかと興味津々です。単行本なので、写真もあるんじゃないかな? 読んでみたい! わたしはとりあえずKindle本で英語の原著(South From Granada)を見つけたので、原著から読み始めています。(和英辞書が付いているので読むのは簡単!)次は日本で単行本を手に入れたいなー。次回はジィェセン(Yesen)にも足を伸ばしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 中はふんわり軽いアイスクリーム!
  2. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)
  3. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

お気に入りレストラン

  1. 味噌ラーメン。
  2. リベラちゃんおススメのTofu de Oro。
  3. 初めて食べたSOPE。
ページ上部へ戻る