アンダルシア旅行:アルメリアの街の様子

仕事とバカンスを兼ねてアンダルシア地方を回って来ました。ルートはグラナダセビージャマラガ→ロケタス・デ・マル→マイレナベルハエル・エヒードアルメリアです。

10月23日~25日:アルメリア(Almería)のイサベルおばさんの家に滞在(前回の記事「アルメリアのイサベルおばさん」はこちらから)

さて、アルメリアには何があるのか。はっきり言って他のアンダルシアのメジャーな都市と比べるとあまり魅力はない土地かもしれません。でも、治安は悪くない(何しろ78才のイサベルおばさんが夜な夜なビール飲みに出かけているぐらいですから)のと、アルメリアからモロッコ行きの船などが出ているのでモロッコ人が多く異国情緒はあります。

一番の見どころはアルカサバ(Alcazaba、アラブ人が築いた要塞及び城壁)で、グラナダ(アルハンブラ宮殿内にあります)やマラガでも入りましたがアルメリアのアルカサバはなんと無料! でも割りときちんと整備されていたし、木陰は涼しそうで夏にふらーっとアルカサバ内の庭園を訪れて読書や昼寝なんていいなぁと思いました。…蚊が多くて無理かな?
アルカサバはかなり広く、ランチの時間に遅れそうだったので全部見学出来ませんでした。次回の楽しみにします。

アルメリアのアルカサバ。アルメリアのアルカサバ。アルメリアのアルカサバ。アルカサバからの眺め。城壁はどこまでも続く?グラナダのアルハンブラ宮殿のような噴水。アルハンブラ宮殿と同じで水路もたくさんあります。城壁。

こちらは町の様子。アンダルシア州はとても広いのでやっぱり町ごとに雰囲気が違います。バレンシアの外国人と言えば南米人や中国人が多いけれど、こちらはモロッコ人が多い。アラブ風の甘いミントティを飲ませてくれるお茶屋さんもありました。イサベルおばさん曰く、イスラム教徒に改宗したスペイン人がオーナーの美味しいクスクスを食べさせてくれるお店もあるのだとか。チュニジアに娘とお婿さんが住んでいるイサベルおばさんが美味しいと太鼓判を押すクスクス食べたかったなぁ…。

アルメリアの旧市街。美術学校だったかな?アルカサバ近くの旧市街。バルのテラス。お義母さんが40年以上前にウェディングドレスを買った店が今もありました!アラブ人がたくさんいるのでこういう看板も。ビーチも近いアルメリア。夜の噴水。後ろはバルのテラス席です。

アルメリアの町は昔に比べてどんどん整備がすすんでいるようです。でもお義母さんが40年以上前にウェディングドレスを買ったお店も健在でした。
アルカサバの裏手には、何だか動物がたくさんいる動物園のようなテーマパークのような場所があり、そこも気になっているわたし。イサベルおばさんがいるからまた何度でも遊びに行く機会はあるのでそれも次回のお楽しみ。今度は夏に行ってビーチをおもいっきり楽しみたいな。

次回はアンダルシア旅行最後の「アルメリアのタパス文化」についてリポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 絶品だった海老とアーティチョークのあロス・カルドソ。
  2. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!

お気に入りレストラン

  1. タルタル。
  2. マグロのタルタル。
  3. 広東風の蒸した魚。
ページ上部へ戻る