パエリア世界大会4位入賞シェフのパエリア教室

バレ パエージャと、バルデゲー ららぽーと豊洲のパエリア教室のお知らせ

2013年のパエリア世界大会(Concurso de Paella)で初出場にも関わらず、並みいるベテラン(参加者はほぼ中年以上です)を差し置いて見事4位に入賞(海外レストランとしては1位)したバレ パエージャの小林シェフと、バルデゲー ららぽーと豊洲の栗原シェフがタッグを組、パエリア教室を開催します。

パエリア教室の詳細

  • 左が小林シェフ、右が栗原シェフ。このパエリアで4位入賞しました。日時:2014年2月1日(土)14時~17時まで
  • 場所:バルデゲー ららぽーと豊洲のキッチン
  • 定員:8名(4名の2グループに分けて2部制)
  • 費用:5000円(2名分の食事付きなので、一緒に来た友人や家族など一緒に食事が出来ます)
  • その他:コックコートは用意されていますが、キッチンの中に入りますので、汚れてもよいパンツや靴をご持参下さい。
  • 問い合わせ:バルデゲーららぽーと豊洲(03-6910-1280)
  • 予約:ららクラブ(03-3532-7915)

バレ パエージャの小林シェフは、元バレンシア在住でありとあらゆるパエリアを食べつくし、本物のパエリアを良く知っています。パエリアはバレンシア郷土料理なのでわたしもスペインの他の地域にいるときは絶対に食べないものです。大抵がっかりするのはもうわかっているので…まずい訳じゃないんですが、わたしが思う「本物のパエリア」とは違うのです。

「本物」を定義するのは難しいんですが、色、テクスチャー、お米の仕上がりや味…言葉での説明はとてもむずかしいので、下の写真を見て興味があればぜひお料理教室に参加して見て下さい。普段は入れないレストランの厨房内での少人数制レッスンは貴重です。

美味しそうに見えないんだけど…とか、地味過ぎる…という意見が聞こえてきそうですが、これが本当のパエリアです。これがバレンシア人が美味しそうと思うパエリアの姿です。

バレンシア風パエリアうさぎ肉と鶏肉のパエリア。Fideua(フィデウア)。パスタのパエリア。お店の看板、バレンシア風パエリア

ちなみに、上記の写真に一つだけバレ パエージャの小林シェフが作ったパエリアが混ざっていますが…わかるかな? 多分バレンシアの人に、どれが日本人の作ったパエリアでしょう、と聞いても違いはわからないと思います。

お料理教室は少人数制なのでお早めに予約を。バレ パエージャの小林シェフと、バルデゲー ららぽーと豊洲の栗原シェフと、も爽やかなイケメンシェフでトークもいけるので、絶対楽しめると思いますよ!

もう予約一杯だったらごめんなさい!

スペイン料理店バルデゲー ららぽーと豊洲
住所:〒東京都江東区豊洲2-4-9 1F 17930(地下鉄有楽町線 豊洲駅 徒歩3分)
電話:03-6910-1280

大きな地図で見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. フィデウア。
  2. こちらが絶品だったパエリア!

お気に入りレストラン

  1. ビールの種類もたくさんあるみたい。
  2. この店のウリ、ナポリのブラタチーズ。
  3. リベラちゃんおススメのTofu de Oro。
ページ上部へ戻る