ミシュランシェフがプロデュースのバル:「Central Bar」

バレンシアの中央市場の新しい名所、リカルド・カマレナのバル

バレンシアのミシュランシェフ、Ricardo Camarena(リカルド・カマレナ)は、バレンシアの市内に「Ricard Camarena Restaurant」と「Canalla Bistro」というお店を2店持っています。さすがミシュランの星を持つだけあって、「Canalla Bistro」は少しカジュアルとはいえ、ランチメニューが20ユーロ。(普通のバルのランチメニューは10ユーロ程度です)中々庶民には手が出ませんよね。

でももっと気軽にリカルド・カマレナの料理を楽しめる場所があります。それは、バレンシアの中央市場にある、「Central Bar」。リカルド・カマレナプロデュースのバルで、中々美味しいタパスやBocadillo(ボカディージョ、スペイン風バゲットサンド)が食べられます。

お通しのオリーブやピクルス。Ensaladilla Rusa(エンサラディージャ・ルサ)。ロシア風サラダと呼ばれるスペインのポテトサラダ。タラのコロッケ。スパイシーなMorcilla(モルシージャ、豚の血のソーセージ)のBocadillo(ボカディージョ、スペインのバゲットサンド)。

わたしたちは、タパスの定番中の定番、タラのコロッケ、Ensaladilla Rusa(エンサラディージャ・ルサ、ロシア風サラダ)と呼ばれるスペインのポテトサラダに、スパイシーなMorcilla(モルシージャ、豚の血のソーセージ)のBocadillo(ボカディージョ、スペインのバゲットサンド)を食べました。

土曜日の午前11時という、市場が一番忙しい時間(プラス朝の軽食の時間)だったので、座る場所を見つけるのに一苦労。でもお客さんがちょっつずつ譲りあったり、後ろで待ってる人に、あと5分で終わるからね! と声をかけたりギスギスした感じはありません。

大繁盛店ですが、コロッケもアツアツの物が出てきたし、Bocadillo(ボカディージョ、スペインのバゲットサンド)も作りたて、しかもパンがスペインなのに美味しかった。ハーフサイズのBocadilloもあったので、次はこっちにします!

気になるお値段ですが、普通のおやじバルと比べると高い。ただしクオリティは高く、グラスワインの種類も多く、どれを食べても美味しかったので、この値段で納得出来ます。中央市場で働いている人もちらほらBocadilloを買いに来ていましたよ。

人気店なので、平日に行くか、土曜日ならば午前10時前にお店に行くと、ゆっくり食べれると思います。カウンター席のみなので、長居する人はいません。運悪く満席だったら、食べ終わりそうな人の後ろで待つのもありです。その日のお勧めも忘れずにチェック!

バレンシアの中央市場観光とセットで是非お試し下さい。キッチン朝からフル回転なので、早めのお昼ごはんを食べるにもピッタリです。

Central Bar
住所:バレンシア中央市場の中。
オープン:多分市場オープンから15時まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. こちらが絶品だったパエリア!
  2. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!
  3. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)

お気に入りレストラン

  1. 白身魚(ボラの一種)を焼いたもの。野菜の火入れが上手!!
  2. サーモンとマグロのタルタル。餃子の皮を揚げたチップスと一緒に食べます。
  3. 味噌ラーメン。
ページ上部へ戻る