スペインの老舗でチューロス&チョコレート:「Valor」

スペイン・バレンシア州のチョコレートメーカー「Valor」

スペインのデパートEl Corte Inglés(エル・コルテ・イングレス)や、空港で「Valor」(バロール)のチョコレートを見かけたり、お土産として購入する人も多いのではないでしょうか。

Valor」はバレンシア州アリカンテ県のVillajoyosa(ビジャホヨサ)と言う街が発祥のスペインでは老舗のチョコレートメーカーで、アンダルシア地方以外のスペイン主要都市には、Chocolatería(チョコラテリア)と呼ばれるチョコレート屋さん軒カフェを展開しています。

Valor」の店内では、スペインの老若男女に愛されるホットチョコレートのイートインができるカフェと、チョコレートの販売をしています。

「Valor」でスペインらしい朝ごはん「Churros con Chocolate」

スペイン全土で食べられ&愛されるチューロスにホットチョコレート。スペイン語ではChurros con Chocolate(チューロス・コン・チョコラテ)と言います。普通は朝ごはんやおやつに食べるものです。

実は数カ月前スペインのガイド記事で、ある旅行者の方がランチ後のデザートにと薦めていてビックリ。スペイン人はホットチョコレートやチューロスはデザートには食べませんのであしからず。こんなものをスペインのランチ後に食べたらお腹破裂してしまいます。

バレンシアの「Valor」の店内。窓際からは、レイナ広場が見えます。

Valor」の店内はブランドイメージカラーのグリーンと白のクラシックな印象。バレンシアのレイナ広場(Plaza de la Reina)にあるお店は、窓際に座るのが景色が良くておススメ。2階席もあります。

チョコレートが濃厚な「Valor」のチューロスとチョコレート。

チューロスは2本から注文可能。お好みでテーブルにあるお砂糖をかけて下さい。「Valor」のチューロスは一見ポーラスっぽい見た目ですが、これがこのお店のチューロスです。

揚げ菓子ですので、まずは少なめに2本ぐらいから挑戦するのがいいと思います。チョコレートは濃厚で…こちらは中サイズ(普通に注文すればこのサイズが出てきます)ですが、わたしは頑張らないと最後まで飲めません。かぼちゃを練り込んだバレンシアの揚げ菓子「ブニュエロ」を食べた「Fabian(ファビアン)」のチョコレートよりも濃厚です。甘さは控え目なんですけど…やっぱりこの量のチョコレートをペロリといくスペイン人はスゴイ。

Valor」には、原産国の違うカカオで作ったチョコレートがあったり、アイスクリームやその他デザートも充実しています。チューロスはカフェオレ(Café con leche、カフェ・コン・レチェ)で食べることも出来ますし、反対にチューロスなしの注文も可能です。

スペインに来たら是非試して見てくださいね。

バレンシアの中心部にある「Valor
住所:Plaza de la Reina, 20, 46003, Valencia
電話:963 15 21 98

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。
  2. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」

お気に入りレストラン

  1. タルタル。
  2. 皮を向いたらロメスコソースをつけて上を向いて食べます。
  3. なすの揚げ浸し
ページ上部へ戻る