2015年バレンシアの「国際パエリアコンクール」リポート!

9月13日(日)のバレンシア・スエカ村国際パエリアコンクール

スペインそして全世界から35チームが集結し技を競いあった第55回スエカ村国際パエリアコンクール。

今年は日本パエリア協会のブログを執筆中なのもあって、一般見学者は入場することができない審査会場、会食、表彰式などにも参加させて頂きました。

たくさん写真を撮りましたが、全部掲載できないのでもっと写真を見たい方は、「バレンシア・スペイン留学」のFacebookページのアルバムをご覧ください。

息の合った連携プレー!フランスからの出場者。去年まではほぼ地ベタでしたが、今年はコンロに足がついていました。今年は雨対策?なのか屋根がありました。出来上がったパエリア。

日本からの出場者は、日本パエリア協会が主催した日本予選(豊洲パエリア)の上位3チーム、札幌「バル・エスパーニャ」、銀座「エル・チャテオ」、銀座「びいどろ」です。
パエリアが出来上がり、審査会場に運ぶところ。パエリアが出来上がり、審査会場に運ぶところ。こちらが審査会場。ほぼ最後尾で入ったバル・エスパーニャ。

2015年のパエリアコンクール優勝は、マドリードのレストラン「La Albufera」。2位はクジェラ(Cullera)のRestaurante Picanterra、3位はハエン(Jaén)のRestaurante Dixtintoで、上位3チームは全てスペイン勢でした。

そして優勝はかなわなかったものの、札幌「バル・エスパーニャ」さんは今年から新しく設けられたアクセスという来年のシード権を授与されました。4位から8位の間の入賞と言った感じです。アクセスはすばらしいパエリアを作った5チーム(スペイン:3チーム、海外:2チーム)に与えられる権利で、「バル・エスパーニャ」さんは来年はスエカ村の国際パエリアコンクールに予選なしで出場です。2年連続日本1を獲得してコンクールに乗り込んできた実力は伊達ではありませんね!

札幌「バル・エスパーニャ」さんわたしが見学していてさすが「バル・エスパーニャ」さんだなと思ったのは、パエリアを調理終了時間の13時45分ぎりぎりに炊き上げて、ほぼ最後尾で審査会場に入ったこと。審査には時間がかかるので、ぎりぎりに炊き上げて審査員が食べる時もベストに近い状態を保つことが大事なんです。

黒いコックコートでビシッと決めた3人組は会場でもとても目立っていて、調理ブースはスペイン人にも大人気。人だかりがすごく写真撮れないほどでした。

バル・エスパーニャ」さんおめでとうございます。来年も期待しています。

札幌近辺にお住まいでスペイン料理がお好きなかた、ぜひ「バル・エスパーニャ」さんに行ってみてください。

次の記事ではコンクール会場の様子、普段は見ることのできない表彰式、そして関係者向けのお土産などをリポートいたします。

先にたくさん写真を見たい方は「バレンシア・スペイン留学」のFacebookページのアルバムをチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

バレンシア・スペイン留学

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. フィデウア。
  2. こちらが絶品だったパエリア!
  3. 絶品だった海老とアーティチョークのあロス・カルドソ。

お気に入りレストラン

  1. 皮を向いたらロメスコソースをつけて上を向いて食べます。
  2. Sidrería El Molinón。
  3. パラソルの下よりも木陰の自然のパラソルの下の方が涼しいらしい。
ページ上部へ戻る