パリで海老塩ワンタン麺:「月亭 Lao Douang Chan」

パリ、イタリー広場の近くのカンボジア、ラオス、ベトナム料理レストラン

スペイン・バレンシアでは食べられない本格的なアジア料理が食べらえるのがパリ旅行の楽しみ。

漢字で月亭と書いてあります。最近たまにパリ出張する夫は13区のイタリー広場が定宿。周りにたくさんアジアンレストランがあるのをいいことに、毎夜毎夜食べ歩き見つけたお店がこちら「Lao Douang Chan」(漢字で月亭)です。

Lao Douang Chan」はいつもアジア人とパリジャン・パリジェンヌでいっぱいのお店で、メニューはフランス語と漢字。両方なんとなくわかるので海老ワンタン麺っぽいなーと言うものを試しました。(夫はいつもこちらの汁なしを頼むそうです。)

で、この海老塩ワンタン麺大ヒットでした。もちろん、海老塩ワンタン麺なんて言っているのはわたしだけですが、ワンタンの海老はぷりぷり、塩味のスープはよく出汁が聞いていて麺も手打ち!

これは、海老塩ワンタンの小。パートナーが食べた、チャーシュー入りの焼きそばっぽいもの。

丁度寒くなりかけていたパリでは本当に美味しかった。バレンシアでもこれ食べられないかなぁ…。週に2回ぐらい食べたいです。

ベトナム、タイ、ラオス、カンボジア料理があるみたい。こちらが2回目のランチ。同じ物なんですが、汁ありかなしかを選べます。

こちらのお店は麺のサイズ(小・大)と選べ、小食の日本人にはうれしい限りです。わざわざイタリー広場まで行け! とは言いませんが近くを通ったらぜひ試してみてください。

Lao Douang Chan Restaurant(月亭)

  • 住所:161, avenue de Choisy, Quartier Chinois, Paris, France
  • 電話:01 44 24 80 80

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 絶品だった海老とアーティチョークのあロス・カルドソ。
  2. フィデウア。

お気に入りレストラン

  1. パラソルの下よりも木陰の自然のパラソルの下の方が涼しいらしい。
  2. ステーキ。赤身がおいしい!
  3. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
ページ上部へ戻る