パリで絶品スフレ:ビストロ「La Cuisine de Philippe」

ふわふわの絶品スフレをパリのビストロで食す!

パリで美味しいスフレが食べたくて必死でTripadvisorで探したお店が「La Cuisine de Philippe」。

パリではいつもアジアンに走りがちだけれど新しいお店が発掘できて大満足です。(写真はクリックで拡大されます)

「La Cuisine de Philippe」。まさにパリのビストロ?手書きでよく読めない...。でもめっちゃ嬉しそうなわたし。

ここは前菜で塩系スフレ、デザートで甘いスフレが楽しめるスフレ好きのためのお店です。スペインはフランスとお隣なのに実はフレンチのお店は少なくて美味しいスフレを食べたのは何年ぶりだろう…。(写真はクリックで拡大されます)

常連らしきおじいちゃんが一人で食事。La Cuisine de Philippe」は写真のとおりまさにパリのビストロと言った感じ。ちなみに手書きのメニューは難解ですがお店の感じが良いマダムは英語もOK。気軽に食べられるお店で、客層はフランス人常連客と観光客が半々でした。

ランチメニューはがっつり行きたい人と普通に食べたい人用の2つに分かれています。私たちはもちろん2のガッツリです。

ランチメニュー(飲み物1杯)

  1. 前菜+メインorメイン+デザート:23ユーロ
  2. 前菜+メイン+デザート:27ユーロ

エメンタールチーズのスフレ。ビスクのスフレ。うま味凝縮!IMG_5098アンガス牛のステーキ。付け合わせも美味。

前菜はスペイン人夫はエメンタールチーズのスフレ、わたしはビスクのスフレ

ビスクはうま味凝縮でピりりと黒コショウが効いています。直径10センチ以上はあるかという大きなスフレですがふんわりとしているのでペロリ。

メインは二人ともキノコソースがかかったアンガス牛のステーキにしました。マッシュポテト、ポテトグラタン(グラタン・ドフィノワ)、ゆでた野菜と付け合わせも美味しい。フランスはお肉の火入れが上手だなといつも感じます。

デザートのルーバーブとフランボワーズのスフレ。チョコレートのスフレ。デザートのルーバーブとフランボワーズのスフレ。チョコレートのスフレ。

そしてデザートにもスフレをオーダー。オーダーしてから作るからかちょっと時間がかかります。でも待つ甲斐ありですよ! わたしはルーバーブとフランボワーズ(あえてここはフランス語で)、夫はチョコレートのスフレ。

わたしは大好物でアイルランド懐かしの味ルーバーブが食べられて大満足でした。味もやさしくてふわふわで…最高!

お店のマダムもとてもいい人だったし、ちらっと見えた厨房で目があったシェフ(多分フィリップさん)もにっこりしてくれて好感度大。来年もパリに行けたらリピートします。

La Cuisine de Philippe
住所:25, rue Servandoni 75006 Paris, France(メトロ駅:St Sulpice)
電話:01 43 29 76 37

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. こちらが絶品だったパエリア!
  2. フィデウア。

お気に入りレストラン

  1. タルタル。
  2. 生ハム、ルッコラ、トマト、モッツァレラのピザ。
  3. リベラちゃんおススメのTofu de Oro。
ページ上部へ戻る