バレンシア大学街のボリューム満点&本格モロッコ料理「Balansyia」

おなか一杯&美味!本格派モロッコ料理レストラン「Balansyia」

確か3週間ほど前にデトックス週間を設けて、そのデトックス明けにモロッコ料理レストラン「Balansyia」(バランシア)へ。デトックスして1週間で2キロほど減った体重もあっというまに戻るボリューム!

2004年にオープンした本格的なモロッコ料理レストランで、イスラムの教えに則りアルコールはなしです。日曜日ランチで予約していきましたが大正解。あっという間に満席になりました。店内はブルーが素敵なモロッコ風。店名のBalansyiaは、バレンシアがイスラム教徒に支配されていた時の名称です。

Balansyiaの外観。Balansyiaの外観。モロッコ風の素敵なテーブル。モロッコ風のインテリア素敵でした。

初めてのお店だったのでコース料理(Menú Degustación、メヌー・デグスタシオン)を頼みました。20ユーロ、25ユーロ、30ユーロと種類があるのですが、ボリュームがすごいと聞いていたので一番安い20ユーロのメニューです。

まずは、真っ黒のオリーブ、ナスのペースト、ひよこ豆のペースト(フムス)、それにおいしいモロッコ・パン。普段パンはあんまり食べないのに気に入りいました。クスクス入りのサラダもおいしい。

オリーブ、ナスのペースト、ひよこ豆のペースト)、おいしいパン!クスクス入りサラダの味付けもよし!

次に出てきたでっかいプレートは、モロッコ風フィデウア。本当にフィデウアに似ていてかつてイスラム教徒がイベリア半島を支配したのは夢ではなかったのねーとと思わせます。上には刻んだナッツがかかっています。

そして、炒めてトロトロになった野菜をカリカリのパイ生地で包んで揚げたもの。外は粉砂糖がかかっています。甘さとしょっぱさのハーモニーがいいです。

モロッコ風フィデウア?炒めてトロトロになった野菜をカリカリのパイ生地で包んで揚げたもの。外は粉砂糖がかかっています。

最後は、日本でも知名度が上がってきたタジン料理。鶏肉でした。これもでっかい鶏肉が2ピース…。そしてモロッコ・ティーとお菓子。

チキンのタジン。モロッコティーにデザートのお菓子。レモンジュースはサービスでした。

レモンジュースは、回りのテーブルがみんなこれを注文していたので、何ですか? って聞いたらサービスで出してくれました。大きなレストランにカウンター内に1人、ホールには2人しかサービスの人がいませんが、素早く、うるさくない接客で、こんなさりげないサービスもあって大満足でした。

飲み物がついて、税込みで一人20ユーロ。おなかも一杯で大満足。今度はア・ラ・カルトでクスクス食べたいな。また絶対に行きます!

Balansyia

  • 住所:Paseo de las Facultades, 3,46021,Valencia
  • 電話:963 89 08 24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

バレンシア・スペイン留学

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. フィデウア。
  2. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)

お気に入りレストラン

  1. 広東風の蒸した魚。
  2. マグロのタルタル。
  3. タルタル。
ページ上部へ戻る