日本での免税手続きが驚くほど簡単だった!

免税ってこんなに簡単だったっけ??

2015年年末~2016年年初めの日本帰国で何度かお世話になったのが、ユニクロやビックカメラの「免税手続き」。前回の記事「日本人がJapan Rail Passを使用する際の注意点」とともに、スペイン情報ではありませんが、スペイン在住日本人には有益な情報なので体験談をシェアします。

スペイン人夫はもちろんのこと、わたしも海外在住者なので免税の権利がありますが、今回はスペイン人夫がまとめて支払いをし、彼のパスポートを使い免税手続きをしました。
スペイン在住の日本人友達は、NIEのカード(スペインの滞在ステータスを証明するカード)とパスポートを提示して免税手続きを受けたようです。

日本入国の際に自動化ゲートを通る場合の注意

出国審査の軽減として自動化ゲートが導入されましたが、免税手続きをする場合はちょっとだけ注意!

自動化ゲートを通過するとパスポートに入国スタンプが押されませんが、免税手続きには入国スタンプ必須です。自動化ゲートの通過時に係員に申し出るとスタンプを押してもらえるそうです。

自動化ゲートについては、法務省のこちらのページをチェック!

ユニクロやビックカメラでは初めから免税価格で支払い

2015年の年末の銀座へ行って驚いたのは、外国人の数が圧倒的に増えたこと、そして免税手続きが超スムーズだったこと。ユニクロははじめから免税価格(つまり消費税を引いた価格)で支払いをし、パスポートに「輸出免税物品購入記録票」(免税で買い物をした時に貼られる伝票)を貼ってもらってそれで終わりです。

新宿のビックロでも私たちにしては大きなお買い物をしましたが、免税手続きはこちらも手慣れたもの。

本来ならば、支払いをするカード(クレジットカード、銀聯カードなど)とパスポートの名義人が同じでないと免税はできないはずなんですが、夫のカードがことごとく使えず立往生。結局わたしのスペインのデビットカードで支払いをしましたが問題なしでした。
ちなみに新宿ビックロでは、海外のカードで支払いをすると消費税8パーセント+5パーセントの割引でトータル15パーセント割引でした。ここでの買い物が一番大きかったのでとっても助かりました。

日本出国時の免税手続き

さて、免税を多いに利用して買い物をしたはいいものの、免税手続きをした商品を、空港の出国手続き手前にある税関で全部見せる必要はあるんでしょうか?

正しい手続きとしては、スーツケースにいれたものがある場合は、荷物を預け入れする時点で税関のスタッフを呼び出してもらいチェックをすませる…らしいのですが、これは建前のようです。

スペイン人夫は税関では「購入したものは全て日本外へ持ち出しですか?」という質問さえ受けませんでした。よほど高額なものなどを購入しない限り、スルーみたいですね。爆買いまでは行きませんが単価の安いユニクロで夫の洋服を何点も購入したので全部チェックしていたらきりがありません。

パスポートに貼り付けられた「輸出免税物品購入記録票」をはがして終わりでした。税関には誰も免税手続きをした旅行者はおらず、その間わずか3分。あっさりしたものでした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)
  2. フィデウア。
  3. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!

お気に入りレストラン

  1. 初めて食べたSOPE。
  2. なすの揚げ浸し
  3. 味噌ラーメン。
ページ上部へ戻る