これぞまさにアメリカンダイナ-!:Peggy Sue’s American Diner

アメリカンダイナーな内装。バレンシアの旧市街カルメン地区にある新しく出来たアメリカン・ダイナーに行ってきました。(カメラ充電中で、スマートフォンの画像です)

たまーにジャンクなものが食べたくなるのです。
お邪魔したのは、Peggy Sue’s American Diner。前からお店の前を通るたびに入ってみたいなー、でもお腹全然すいてないなーって感じで念願かなってなのかな?

こちらはチェーン展開しているらしく、マドリッドには数店舗あるそうです。バレンシアはここが一店舗目かな。マドリッド在住の友達Aちゃんはこのお店を知っているようなので、マドリッドでも目立つのかな?

内装は本当にアメリカンダイナーといった感じ。

今にも巡回中の警察官が入ってきてカウンターに座り、アイシングのかかったドーナツと巨大なアメリカンコーヒーを頼みそうな勢い。
小さなジュークボックスもあって雰囲気でてます。

ピンクレモネードとコーラ。コーラが350mlなのがうれしい。手作りのフライドポテト。ハンバーガー、メニューにはジェームス・ブラウンって書いてありました。クラブサンドイッチ。こちらは普通だけど、コールスローサラダはなかなか。

ハンバーガーにもサンドイッチにもサイドメニューとしてフライドポテトが付いてこないので、フライドポテトを1つ頼んで二人でシェア。

わたしの飲み物は徹底的にアメリカン! ということでピンクレモネードにしてみました。・・・思ったより味が薄めだったけど、これで
1.80ユーロはお得です。コーラもよくある250mlの瓶ではなく、350mlのものでした。こういう料理ってやたらのどが渇くのでこれはいいかんじです。缶もあるけど、缶じゃ雰囲気でないもんね。

そしてハンバーガー「ジェームス・ブラウン」にベーコンを追加したものと、クラブサンドイッチをシェア。

メニューにジェームス・ブラウンって書いてあったんですよ本当に! 女帝、「アレサ・フランクリン」もいました。アレサ・フランクリンなんて見ると「ブルース・ブラザーズ」の映画みたくなっちゃいます。

肝心のお味ですが、ジェームス・ブラウンハンバーガーかなりいけました。アメリカンらしいビーフ100パーセントの混ぜ物ナシのパテで、肉々しく、それがまたおいしい。
これはヒットです。クラブサンドイッチは家で作れるレベルじゃないかなーって思ったけど。

いいなぁと思ったのは、巨大ハンバーガーで山盛りのポテトという感じではなく、小さめハンバーガーに欲しい人はオニオンリングやフライドポテトを足すといった感じのメニュー。ハンバーガーだけたくさん食べたいってわけでもないのでこれは嬉しい。

その他にお決まりのシーザーサラダ、ホットドッグ、ピザ、パンケーキもありました。

ピンクキャロットケーキだった気がする。見た目ほどは甘くない。わたしの食べたアップルクランブル。ちゃんとリンゴの酸味もします。そしてお腹に余裕があったので、珍しくパートナー君もデザートを食べました。

しかも、ピンク・キャロットケーキなんての頼んでます。
アイシングどっぷりでおいしくないんじゃないのーって思ってたけれど、イケますこれ。わたしはアップル・クランブルをチョイス。リンゴの酸味もちゃんとあったし大粒のレーズンがおいしかった。
ただ笑っちゃったのがケーキのデコレーションの生クリーム。これってとってもスペイン的です。アメリカもこんなのかな? ちょっと違うような気もします。この写真のケーキをプリンに置き換えるとまさしくスペイン王道デザートデコレーションなんだもん。

こちらはケーキのサイズがアメリカンサイズではなくてほっとしました。アメリカの半分ぐらいの大きさが出てきます。

ということで、本日のお会計は28.50ユーロでした。お昼のメニューじゃないし、一人15ユーロ以下でデザートも食べられて合格です。
またハンバーガーが食べたくなったら行く予定です。

Peggy Sue’s American Diner
住所:Calle Carrasquer, 7 (Plaza TossalからCalle QuartをTorre Quartに向かってまっすぐです)
電話:963 919 018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • さんぼ
    • 2011年 9月 07日

    お~、アメリカンな感じ!
    とくにピンクのケーキが。

    ボン・キュッ・ボン(死語か?)のねえちゃんが働いて居そう。
    そんでねえちゃんに勝手に恋するジャック・ブラックとスティーブ・ブシェミが常連。
    って勝手に妄想中。

      • ナナイチ
      • 2011年 9月 07日

      さんぼちゃん

      ピンクのケーキだし、ピンクの内装だしね。
      ウェイトレスのおねえちゃんは普通の黒いTシャツに、スリムジーンズで小枝のように細かった。
      あんなところで働いているのにあんなに細いってことは絶対あそこでご飯食べてないとみたね、うん。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」
  2. 絶品だった海老とアーティチョークのあロス・カルドソ。
  3. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

お気に入りレストラン

  1. 味噌ラーメン。
  2. パラソルの下よりも木陰の自然のパラソルの下の方が涼しいらしい。
  3. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
ページ上部へ戻る