引っ越しします。

スペイン生活の酸いも甘いも詰まった荷物たちブログじゃないですよ。本当に引っ越しするんです。

バレンシアに初めて留学してきてから、何回目の引っ越しか・・・。多分8回目?

ってことは、ほぼ1年に1度引っ越ししてるということに? 我ながらあきれます。今のアパートは気に入っていたけれども諸事情により、またまたバレンシアの旧市街カルメン地区に出戻りです。(カルメン地区は、レストラン、カフェ、バルなど夜遊び地区でもあります)

バレンシア生活のほぼすべてをカルメン地区で過ごしてきたのでまぁ、戻るべくして戻ったのかな??

スペインでの引っ越しというのはよほど大きな家具があるとか、エレベーターがない場合はともかく、普通は自分たちで何でもします。

まず引っ越し先が決まったら今の家の大家さんに電話して、出て行くことを伝えます。そして段ボールを集めて・・・拾ったりお店からもらったり。
わたしは、バルセロナでつとめていた会社(医療系の出版社)に出版物を入れる段ボールがたくさんあったので、いらないものをもらって来ました。現在も活躍中です。捨てないで大事に取っておきました・・・というよりは、収納の多かった家なのでしまっておいただけなんだけど。

そして荷造りと同時に車がない人や免許がない人は、運転手と車の確保です。大体友人やら知り合いに頼んだり。引っ越し業者もあるんですけど、バルセロナで一度頼んだときは1時間50~60ユーロとかでした。運転手件引っ越し要員が4名、大きなトラックがついてくる感じで。その時はエレベーターのない日本で言うと7階のアパートから、これまたエレベーターのない4階のアパートに引っ越しということでどうしても一人では無理だったので。
ロープやらなにやら使ってあっという間に7階から荷物を下ろし、トラックに積み込んでささーっと終わりました。やっぱりプロ。

運転が出来る人は、バンを借りたり・・・手伝ってくれそうな人に声をかけたり・・・。

今回大きな家具のないわたしは多分普通の乗用車で4回も往復すればきっと終わるはず。幸いエレベーターもあるし!ま、車はどうせ免許ないので彼氏任せ。あとは頑張って荷造りしてお掃除するのみです。

あ、ちなみにスペイン人は「立つ鳥跡を濁さず」というのはあまりないようで、新しいアパートに入ると大体一からお掃除をすることになります。わたしも今のアパート棚から何からぜーんぶ拭き掃除しました。いつ買ったか分からないようなパスタやら小麦粉もあったりして・・・。

でももちろんわたしは日本人なのでお掃除して出て行く予定です。

最初から最後まで家賃の滞納はないし、出て行くときはお掃除するし、いい店子だったと思うんだけどなー!え?普通ですって??スペインでは結構家賃の滞納が多く、家賃をきちんと払う店子というのは大事にされるんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)
  2. 絶品だった海老とアーティチョークのあロス・カルドソ。
  3. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!

お気に入りレストラン

  1. デザートクレープ。バターと栗のクリーム。
  2. パラソルの下よりも木陰の自然のパラソルの下の方が涼しいらしい。
  3. 皮を向いたらロメスコソースをつけて上を向いて食べます。
ページ上部へ戻る