ユーロ万歳? 恐ろしいほどの物価上昇

パートナー君のお姉さんがメールで添付してくれた画像。

とあるウェイター君がこんなに物価が上昇したんだぞ、と具体的に紙に書いてどこかに張った物らしいです。(メトロの値段を考えてこれはバレンシアではなく多分マドリッド)

1999年と現在の物価比較表byとあるウェイター君。

ものすごい物価上昇率・・・。
1999年と言えばちょうどわたしが留学生をしていた頃で、そりゃー物価が安くスペインっていうのはなんて住みやすい国なんだろうって思ったのを覚えています。
お給料は安くても1ヶ月バカンスはあるし、物価が安いから悠々と暮らせるし・・・。

ということで素敵なスペイン生活を夢見て2002年にスペインに再上陸。

そうしたらペセタからユーロに貨幣が切り替わり物価はあっという間に上昇!
まさにうなぎ登りなんだものーーーー。日本は確かに物価が高いかもしれない。でもそれに見合うだけのお給料をもらっている人はたくさんいるけれど、スペインは物価高くなっちゃってお給料も据え置きで。

この画像の下にも書いてあるけれど、物価はほぼ4倍なのに、お給料は100ユーロしか上がってないという事実。1999年に145,000ペセタというのは約日本円で10万円。でもこれで十分生活出来た。
今900ユーロのお給料だと一人暮らしは出来ないので、アパートシェアか、恋人と暮らすか、いつまでも親の家にやっかいになるか。
ユーロに切り替わってからは、1000ユーロ程度しかお給料がもらえない、ミルエウリスタ(mil eurista)という言葉もあります。

たまに、パートナー君と、二人ともちゃんと仕事があるってすごく恵まれていることだよね、って話すぐらい。(どちらか一人が失業中なんてあたりまえ)

景気の回復の兆しが肌で感じられないスペイン。しばらくの間、スペインは暗闇を迷走するのかなー。

ちなみに、1999年はコーヒー一杯80ペセタ(55円程度)・・・安い! そしてバレンシアはもっと安かった・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。
  2. フィデウア。

お気に入りレストラン

  1. デザートクレープ。バターと栗のクリーム。
  2. 味噌ラーメン。
  3. タルタル。
ページ上部へ戻る