カカオ・サンパカのチョコレート

普段は、リンツのチョコレートにほぼ毎日お世話になっているわたし。

リンツって種類も豊富だし、お値段のことを考えるとかなりおいしいチョコレートを作っているメーカーですよね?
東京に住む妹からのお土産のリクエストもいつもリンツのチョコレート詰め合わせ。
今まで一番大きいヤツはなんと1キロ近く重さがありました。一日3つずつと決めて大事に食べていたそうです。

母以外はものすごくチョコレートが好きな家族なんですが、パートナー君もチョコレートが大好き。

手前のラズベリー風味のチョコレートがお気に入り。オレンジ風味のクリームが入ったチョコレート。

10月始めにわたしがものすごーく仕事で疲れていたら、日本にもお店がある、あのCacao Sampaka(カカオサンパカ)のチョコレートを買ってきてくれました!(チョコレートのプレゼントってものすごくヨーロッパではポピュラーなイメージ・・・)

わたし達のお気に入りは、手前のラズベリー風味チョコレート。こちらは薄い板チョコが2枚入っていて、手でパキッと割って食べるのも楽ちん。食後のコーヒーのお供にしています。

バレンシアにもCacao Sampakaのお店があるのですが、お店のカフェならばわたしはホットチョコレートが3種類お試し出来るものが好みです。小さなカップに風味の違うチョコレートが3種類。確か、「Degustacion de chocolate」のような名前だったかな?
お土産だったら、小さめの瓶に入ったコーヒー風味のチョコレートクリームが妹に好評でした。
是非お試しを!

Cacao Sampaka
住所:C/ Conde de Salvatierra, 19 46004 Valencia
電話番号:963 534 062

大きな地図で見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • さんぼ
    • 2011年 11月 07日

    あ~今のあたし、チョコレート必要だ~~!
    はい。おつかれちゃんなのです。
    ¥100 ガーナチョコじゃ癒されない・・・。

    ラズベリーのやついいね。いいな。

      • ナナイチ
      • 2011年 11月 07日

      日本においしいものはたーくさんあるけれど、チョコレートはやっぱりヨーロッパだよね。

      なんか、日本で普通に市販されているやつは「チョコ」。ヨーロッパでは、普通のやつでも「チョコレート」な気がする。

      チョコレート大好きだけど、チョコレートケーキとかはあえて選ばないわたし・・・チョコレートはチョコレートのまま楽しみたい!

      今度帰るときはおいしいのもっていくよー!

        • さんぼ
        • 2011年 11月 07日

        そうそうそう!日本のやっすーいチョコは砂糖と油にちょっとのカカオってんで幸せな気分に浸れないのよね~。
        そういえばあたしもチョコレートケーキって選ばないな。三十路にゃ重いのよね(笑)
        今日は疲れたからだに渇を入れるべく、塩豆大福を買っちゃった♪

          • ナナイチ
          • 2011年 11月 07日

          アイスクリームも、ラクトアイスだしね!

          三十路の前もチョコレートクリームはあまり惹かれなかったかも。でも出してくれたら絶対食べるけどね。
          そういえば、クリーム・ブリュレ(クレマ・カタラナ)風味のリンツチョコ最近見かけないの。あれをみるとさんぼちゃんを思い出すのに。

          疲れたときはおいしい物。これ鉄板よね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 中はふんわり軽いアイスクリーム!
  2. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」
  3. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!

お気に入りレストラン

  1. スペインの赤身肉最高!
  2. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
  3. ステーキ。赤身がおいしい!
ページ上部へ戻る