日本で買ったお気に入り:手触りが違う「草來舎」の蕎麦ちょこ

ひっそり日本へ一時帰国し、ひっそり戻ってまいりました。

ちょうど長野県で「草來舎」という焼き物工房をやっている友人夫婦が、日本橋・高島屋の和食器売り場で「酒器と蕎麦の器展」という展示をしていたので、お邪魔しました。スペイン人夫は料理しないくせに、食器や台所用品を見るのが好きで、蕎麦もお酒も好きだからグッドタイミングでした。

そうしたら、出会ってしまったのです、こちらの蕎麦ちょこ。

蕎麦ちょことそばつゆ入れ。蕎麦ちょことそばつゆ入れ。

実は、スペインでもよく蕎麦を食べているので、合羽橋でも見かけるたびに蕎麦ちょこを手に取っていたのですが、見た目が可愛くても、手に取るとなんだか違和感。違うのです。

でも「草來舎」の器は違います。見ても美しいけれど、触ると良さが伝わります。しっくりくるとはまさにこのこと。長野県らしいリンゴの釉薬を使った、涼し気な蕎麦ちょことそばつゆ入れを購入しました。

友人夫婦いわく、日本人は手で器を持って食べるから、DNAに手触りが刷り込まれているんじゃないか、ということでした。確かに納得!

本当は、おそろいの蕎麦用プレート(ザル付きで、ザルを外すと普通の丸いお皿として使える)もほしかったけれど、この色は売り切れでした。

実はスペインの我が家は、洗い場が大理石。もちろん賃貸なので初めから大理石だったんですが、食器がガンガン割れます。「すぐ割れるから引っ越すまでは安い食器にしようね」と言っていたのに、この蕎麦ちょこの魅力には勝てず。大事に、大事に使いたいと思います。

素敵な和食器がいっぱいの「草來舎」のサイトはこちらから。通販もあります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. こちらが絶品だったパエリア!
  2. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

お気に入りレストラン

  1. サーモンとマグロのタルタル。餃子の皮を揚げたチップスと一緒に食べます。
  2. 偽物ツナとトマトのサラダ。
  3. ビビンパ。
ページ上部へ戻る