バレンシアに本格的メキシカンレストラン「Las Adelitas」

バレンシアの飲食店が集まるカノバス地区(Canovas)のメキシカンに行ってきました!

メキシコの家庭料理が気軽に楽しめるレストラン「Las Adelitas」

日曜日の夜、我が家から気軽に歩いていける飲食街Canovas(カノバス)へ。何が食べたいと言うのがない日は選択肢の多い地区が便利です。たまには新規開拓しなくちゃだし…ぐるっと一回りして以前から気になっていたメキシカン「Las Adelitas」(ラス・アデリータス)へGO!

日曜日の夜もオープンしているLas Adelitas日曜日の夜もオープンしているLas Adelitasお通し。ピリ辛で美味しい!初めて食べたSOPE。

Las Adelitas」(ラス・アデリータス)はまだオープンして1年目のレストラン。お店もきれいで、サービスの人も親切でした。メニューを見てもわからないことが多いので、いろいろ聞いておススメを食べてみました。写真3枚目のワカモレは、お通し。

4枚目はSopes(ソペス)というお料理。トウモロコシを揚げた生地にフリホーレスのペーストがのっています。初めて食べたけれど、トウモロコシの生地がガリガリしていて好み。フリホーレスも美味しい。

Cochinita Pibil。Carnitas。Café de Olla(カフェ・デ・オジャ)という、メキシコのシナモンがきいたコーヒー。店内の看板。

タコスは、メニューには書いてありませんでしたが、ハーフポーションもあります。しかも、値段は半分なのですごくお得。タコスを1皿頼むと2人~3人食べられるそうなので、ハーフポーションx2で注文。

1枚目のCochinitaの方が好みでした。と言うのも、Carnitaの味はものすごくいいんですが、私は豚の脂身や皮、脂っこすぎて苦手なのです…ちなみに、具が余ってしまったのでタコスを追加しましたが、後から見たら追加料金取られていませんでした。忘れたのかな? それともサービス? サービスだったらすごい。タコスの風味もすごくよかったです。

おなか一杯だったので、〆はCafé de Olla(カフェ・デ・オジャ)と呼ばれるコーヒーを注文。パリのメキシカンで飲んでとても気にっていたメキシコのコーヒーが、バレンシアでも飲めるなんて感激!

想像以上に美味しくて、満足でお店を出たら、オーナーのメキシコ人Ismael(イスマエル)さんがいました。スペインやアメリカのいろいろなレストランで修業したそうです。とってもおいしくてハッピーだったのでお店の外で少し立ち話し。絶対にリピートしたいと思わせるお店でした。

気になるお値段ですが、ガス入り水1杯、コロナビール1本、前菜(Sopes)、ハーフポーションのタコスx2皿、コーヒー2杯で30ユーロ弱でした。カジュアルなレストランで量も自分で調整して食べられるし、何より日曜日の夜もオープン! 味とサービスでリピートだけでなく、便利でコスパもよくて使えるお店でもあります。

Las Adelitas」(ラス・アデリータス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

スペイン旅行ガイド記事

たびねすへ記事を執筆中!

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. Clochina(クロチナ)と呼ばれる小粒ムール貝。美味!
  2. こちらが絶品だったパエリア!
  3. 中はふんわり軽いアイスクリーム!

お気に入りレストラン

  1. パラソルの下よりも木陰の自然のパラソルの下の方が涼しいらしい。
  2. Sidrería El Molinón。
  3. 初めて食べたSOPE。
ページ上部へ戻る