2週間の旅行で気が付いたスロベニアの魅力

スロベニア

2023年9月に2週間旅行して惚れ込んだスロベニア。オンラインで余り情報がなかったので久々にまじめに旅行記を書いています。ここではスロベニアのいいところ&ここがおススメを紹介!

その他のスロベニア旅行記事は、こちらからご覧下さい。

ご飯が美味しい

実はスペインを旅行するとすぐに和食やアジア料理が食べたくなる私。でも2週間スロベニアに滞在して、一度も家でご飯食べたいとも、和食orアジアンが食べたいとも思いませんでした。

スロベニアの料理は、脂っこくない・塩気が控えめ・甘さも控えめ・野菜が新鮮でまさに私の好みにぴったり。

スペイン料理より美味しいかもと言うと、自国の料理は最高だと思い込んでいるスペイン人に怒られそうですが、私はもしかしてスロベニア料理の方がスペイン料理より好きかも。毎日食べてもいいのは間違いなくスロベニア料理!

英語が通じる

スロベニア人は英語が上手!
殆どの人が英語を話すと言っても過言ではないと思います。余り観光地でない小さな田舎町の食堂の60代女性オーナーも旅行会話ぐらいはお手の物でした。スペインとは全然違う。

そして相手もこちらも英語はネイティブではないので話しやすい&通じやすいのもポイント。観光客も沢山訪れるので、いろいろな国の発音になれているのかな? 英語を話す時すごくアクセントを感じる人とそうでもない人がいて地域によって発音・アクセントの差があるのかも。

そんなこんなで、スロベニア語は、「こんにちは」と「ありがとう」のみしか覚えられず、そしてその発音もかなり怪しいまま帰国です。

英語以外ではドイツ語、クロアチア語、そしてイタリア語がかなり通じる感じ。スペイン語が出来るスロベニア人にも2人出会いました。スペイン語の発音もきれいでしたよ。

旅行英会話に問題がない人には非常に楽に旅行が出来る国です。

トイレや歩道がキレイ

これ、スペインや周辺国に住んでいる人はかなり共感してくれると思うのですが、スペインってトイレが汚いんですよね。これでも20年前に比べたらきれいなんですが。

スロベニアは都市部のレストランやバルのトイレは非常に清潔。無料の観光地のトイレや、山奥のトイレでも割ときれいで感動しました。
スロベニア人だけではなくスロベニアを訪れる観光客も節度を持ってお手洗いを使っているのかなと感じます。

リュブリャナの中心部は歩道にもゴミが落ちておらず、ガムの吐き捨ても殆どなかったのが本当に気持ちが良かったです。スペイン人にもスロベニア人を見習ってほしい…。

スロベニアは静か

スロベニア人はもちろんスペイン人ほどうるさくないし、スロベニアに来る観光客も静かでした。

リュブリャナの中心部はかなり観光客も多く賑わっているのですが、こんなところうるさくて歩けないとは思わなかったし、音楽のボリュームもスペインに比べると控えめ。

騒音や爆音が嫌いな私達夫婦には非常に過ごしやすい環境でした。

物価はスペインのバレンシアよりも安い

スペイン第三の都市のバレンシアは、都市の大きさの割にはまだまだマドリード・バルセロナ・スペイン北部に比べると外食費は安いはず。そんなバレンシア在住の私達でも外食が安いと感じました。

スロベニア旅行中も、バレンシアで外食する時のように高すぎず安すぎずな飲食店で食べる事が多かったですが、1食あたりバレンシアでの外食と比べると20ユーロ~25ユーロ安い感じでした。

ファーストフード的なモノはもちろんもっと安いです。またボリューム満点なので、メイン料理しか注文しない人も見かけました。

自然が雄大

今まで色々な場所を旅してきたと思っていましたが、雄大な自然に感動。

スロベニアはどこに行くのにも1時間か2時間で行けます。たった30分~1時間走っただけで美しい緑が目に沁みる…。普段バレンシアの雨が少ない赤茶けた緑になれている私には本当に癒しでした。

洞窟も沢山あり素敵なプライベートツアーも体験できたし、美しい湖、雄大な山(ユリアンアルプス)、トスカーナのようななだらかな丘陵、海もあるし言う事なしです。

スロベニアには夏はアウトドア・登山、冬はスキー客も多く訪れるそう。スキーはもう30年以上やっていないけれど、いつかスロベニアでスキーレッスン受けてみたい!

治安がよい

スロベニアは観光で2週間滞在しただけ。深くかかわったわけではありませんが、旅行者としてスロベニアの治安は、スペイン・バレンシアと同等、あるいはそれ以上に治安良好と感じました。

首都のリュブリャナでは、怖いと感じたことは旅行者が訪れるような場所では一度もなし。当然田舎に行けば行くほどノンビリです。

スロベニアでは旅行者向け短期貸しアパートに滞在することが多かったのですが、建物に入るカギはなしでドアはいつも空いており、お部屋の鍵だけ渡されることが多かったです。

近隣諸国の料理が混ざっていて面白い

また食べ物の話!と言われそうですが、美しい自然に触れること、街をゆっくり散策すること、その土地の美味しいものを食べることが私達夫婦の旅の楽しみなのです。

スロベニアは、オーストリア・イタリア・クロアチア・ハンガリーと国境を接しているので、ハンガリー名物のグラーシュに付け合わせはイタリア料理のポレンタはよく見かけたし、ボスニア料理のファーストフードを食べることもできた。

スーパーでも近隣諸国のお菓子や調味料が売っていて面白かった。そしてなによりイタリアンレストラン、特にピザ屋さんが多かったです。

水道水がそのまま飲める

日本人がよくネット上で「水道水が飲める国は…」って話をしていますが、スロベニアはどこも水道水飲めました。飲めるだけではなく、スロベニアの水道水は美味しかったです。

普段は髪の毛洗うとバリバリ、出汁ちゃんと取れない硬水が水道水から出てくる地域で暮らしているので、スロベニアの水質にビックリ。バレンシアの水道水だって飲料はもちろん可能ですが、比べ物になりませんでした。

スロベニアは首都のリュブリャナでも水道水が美味しくて、本当にうらやましいです。

次回はスロベニアの美味しいモノを紹介して、その後は詳しく気に入った観光地やハイキングルート、見どころ、レストランなどを紹介します。
その他のスロベニア旅行記事は、こちらからご覧下さい。

スペイン留学・ワーキングホリデー・旅行に最適の保険を提案!
様々な保険会社やオプションから保険を選べる「イーコールズ」

盛 千夏

盛 千夏

スペイン庶民生活@バレンシアの運営&管理者。 スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。 バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。 家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

関連記事

パエリア食べるならここ!

コメント

この記事へのコメントはありません。

盛 千夏

盛 千夏

このサイトの運営者。1999年からスペイン在住。 本職は無料のスペイン留学エージェント。家族はスペイン人の夫+猫3匹。 趣味は料理と食べる事!

人気記事ランキング

  1. 1

    片道9ユーロから!スペインの格安新幹線IRYOをバレンシア⇔マドリードで利用

  2. 2

    スロベニアで買った美味しい&可愛いお土産たち

  3. 3

    インスタントポット:ポットインポットで白米を美味しく炊く方法

  4. 4

    スペイン語が話せなくてもOK!便利なタクシーアプリ「FREENOW(旧mytaxi)」

  5. 5

    おとぎ話の街!スロベニアの首都リュブリャナ:街並みや治安&物価

  6. 6

    海外仕様Panasonicホームベーカリー:スペインで日本の食パンが食べたい!

  7. 7

    海外仕様Panasonicホームベーカリー:決定版の食パンレシピはこれ!

  8. 8

    スロベニアの美味しい食べ物(料理・スィーツ・飲み物)

  9. 9

    スペインのダイソー?ドイツ生活用品店「TEDi」

  10. 10

    海外仕様Panasonicホームベーカリー:実際に食パンを焼いてみた

最近の記事
  1. ビルバオの日本人オーナーラーメン屋でスタッフ募集中!

  2. フエンヒローラのカレー屋でキッチンスタッフ募集中

  3. マラガ中心部のカレー店でスタッフ募集中!

  4. 海外仕様Panasonicホームベーカリー:強力粉をマニトバ粉に変えて大満足

  5. 学生&ワーホリOK!バルセロナの長期滞在向けシェアアパート情報

  6. スロベニアの首都リュブリャナ:観光スポット(リュブリャナ城・博物館・美術館)

  7. おとぎ話の街!スロベニアの首都リュブリャナ:街並みや治安&物価

  8. バルセロナの和食店で複数名のスタッフ急募!

  9. マドリードのラーメン店で週末勤務可能なスタッフ募集中!

  10. スロベニアの美味しい食べ物(料理・スィーツ・飲み物)

TOP