サンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街は世界遺産!

サンティアゴ・デ・コンポステーラの旧市街をお散歩するのは本当に楽しいのですが、旧市街の中心地というべき場所が、オブラロイド広場。

カテドラルからオブラロイド広場を撮影。
いかにも巡礼の町。

ここに、スペイン(正確にはポルトガルも)で2つしか無い5星パラドールの一つがあるんですが、一番重要な建物はパラドールではなくカテドラル(大聖堂)でしょう。世界各国の巡礼者が、サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指しおよそ800キロの巡礼路を歩きます。(自転車、一部車、乗馬の人も!)

辛くて長い巡礼路が終わりました。
みんなで記念撮影!

カテドラルは見学無料

ンティアゴ・デ・コンポステーラのカテドラルが巡礼の終着地。フランスから北スペインを縦断する巡礼路には、巡礼者用の特别メニュー、観光施設の割引、特别宿泊施設があるのが、バレンシアとは様子が違い遠くに来たなという感じがするものです。パラドールにも巡礼者用の特别メニューや、宿泊の割引がありましたよ。

カテドラルの内部に入るのは無料です。近年カテドラルは入場するだけでお金を取る場合も多いけれど、さすがに巡礼者をたくさん受け入れる町、カテドラルは無料でした。ただ、併設された博物館や、カテドラルの屋根に登るのは有料です。結構金額はしますが、お金を払う価値はありますよ。ここでももちろん巡礼者には割引があります。(スペインらしく失業者にも割引が!)

カテドラル内部。
これが、ボタフメイロです。
カテドラル内部。
カテドラルの上からオブラロイド広場を撮影。
カテドラルの上から旧市街を撮影。
カテドラル内部。

もう少し街歩きをしたかったなーと思いつつ、パラドールをチェックアウトして一路アストゥリアスのCudillero(クディジェロ)という風光明媚な漁村に向かいました!

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)
  2. セクレトと呼ばれる豚の部位と野菜のパエリア。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る