バルセロナ郊外のレストラン「Torre de la Llebre」で絶品カルソッツ

ここ数年で一番のカルソッツをバルセロナ郊外Rubí(ルビ)で食す

バルセロナ留学エージェントの仕事や地球の歩き方ブログハネムーンサイトのネタ探しにバルセロナへ行ってきました。

と書くと「仕事命!」みたいに聞こえますが、実はカルソッツを食べにバルセロナ郊外の町Rubí(ルビ)のレストラン「Torre de la Llebre」に行きたかったのです!!

バルセロナ在住者お勧めの「Torre de la Llebre」

バルセロナ市内でもそこそこのカルソッツは食べられるけれど、バルセロナから1時間以内で行けて美味しいのは「Torre de la Llebre」とバルセロナ在住グルメ友達の言葉。

結論を先に言うと、期待を裏切らない美味しさ! しかもレストランオーナーの奥様は日本人なので日本語OKで驚きました。 「Torre de la Llebre」のカルソタダやレストランの写真をもっと見たい方は「バルセロナ・スペイン留学」のFacebookページのアルバムをご覧ください。

マシアを改装したレストラン

Torre de la Llebre」は、バルセロナ中心部から1時間程度の町Rubíにある「マシア」(Masia)と呼ばれるカタルーニャ地方の田舎屋を改装したレストランです。13世紀のワインセラーも残っているようで歴史を感じられる建物です。

レストランの中庭では、カルソッツを山のように焼いていました。熟練っぽいおじいちゃんが手際よく焼いていると余計おいしそうに見えます。

山のようにカルソッツ焼いています。

Torre de la Llebre」のマシア内を見学

カルソッツを食べる前に、大きなマシアの中を少し見せて頂きました。アペリティフのためのお部屋がすごい!!! こういう雰囲気のお店はバルセロナ市内では知りません。

アペリティフを楽しむ人用のお部屋。

13世紀のワインセラーには、高級ワインやシャンパン・カバがたくさん用意されていました。

こちらが13世紀のワインセラー! 中を見せてもらいました。

カルソッツメニューを食べる

そしていよいよカルソッツ! カルソッツ・メニューのカルソタダ(Calçotada)を頂きました。この瓦のような専用のお皿に入ったカルソッツは何回でもお替りできます。

カルソッツ

1本お替りとかではなく、皿ごとお替りです。大体4人で2皿食べるらしいのですが、日本人女性4人でなんと3皿食べました(笑)

Torre de la Llebre」のカルソッツにつけるロメスコソースはバランスが良く、カルソッツにもよくからんで本当に美味しいんです。

カルソッツのフリッター。

Torre de la Llebre」のカルソタダのメニュー構成はこんな感じ。

  • カルソッツ(お替り自由の食べ放題!)
  • 焼いたアーティチョーク
  • カルソッツのフリッター
  • 羊肉とブティファラ(カタルーニャのソーセージ)とジャガイモ
  • 白いんげん
  • パン・コン・トマテ
  • デザート(レモンシャーベットかクレマ・カタラナ)
  • 焼き菓子
  • コーヒー
  • 水とワイン

これ全部込みで一人35ユーロと驚愕のコスパでした。

メインの羊肉とブティファラ。

大体いつもカルソッツを食べすぎて、メインの羊肉は余り食べられないのですが、「Torre de la Llebre」はお肉の炭火焼が自慢なだけあって、ちょっと苦手な羊肉も臭みがなく美味しい。ブティファラは超ジューシーで売ってるなら買って帰りたかった!

ちなみに、メニューに入っているのか入っていないのか分からないんですが、上記のメニュー以外にも出てきたモノもありました…。

ここまでさんざん飲み食いしておいて、最後にデザート。もう食べられないよ…と思ったんですが、クレマ・カタラナ余りの美味しさにほぼ完食。

写真だと大きさわかりませんが、これ直径15センチぐらいあります。昔ながらのスペイン・サイズですね。

デザート。はっきり言ってでかい。

いやー、本当にたくさん食べました。夕食はもちろん抜きです。

Torre de la Llebre」、本当に美味しく雰囲気も最高です。日本人の奥様もテキパキと接客されて感じもとってもいいし、カルソッツの季節以外にも美味しい炭火焼料理を食べに行きたいと思います。ごちそうさまでした!!! 「Torre de la Llebre」のカルソタダやレストランの写真やを見たい方は「バルセロナ・スペイン留学」のFacebookページのアルバムをご覧ください。

日本語OK!カルソッツと炭火焼料理が自慢の「Torre de la Llebre」

  • 住所:Calle Art s/n, 08191 Rubí, Barcelona(FGCと呼ばれる近郊線のRubí(ルビ)駅下車徒歩15分。バルセロナ中心部からはS1とS7のラインが利用可能。)
  • 電話:936973202、935884767。日本語の場合は、618181561。日本人のMikuさんが対応してくれます。
  • WEB:https://torredelallebre.wixsite.com/torredelallebre
  • Email:[email protected](日本語でメールを書く場合は、件名に「Para Miku」と入れてると良いと思います。)
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. 魚介と野菜のFideuá(フィデウア)
  2. バレンシア風パエリア(Paella Valenciana)
  3. フィデウア。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る