バレンシア中心部の勧めニッケイ料理レストラン「Manaw-Nikkei Bar」

ペルー・日本・東南アジアの味が楽しめるレストラン 「Manaw-Nikkei Bar」

バレンシアの中心部に美味しいレストラン見つけました!!!

Manaw-Nikkei Bar」は、スペインでも少し前から流行っているペルー風にアレンジされた和食、Nikkei(ニッケイ)や東南アジアなどの料理が食べられるレストランです。

「Manaw-Nikkei Bar」の外観。
最近バレンシアの中心部は歩行者天国になっている場所が多く、それを利用して気持ちの良いテラス席がありました。真夏以外はここで食べると開放感があっていいかも。

「Manaw-Nikkei Bar」の店内。
Manaw-Nikkei Bar」の店内。

あっという間に満席になりました。カジュアルな客層ですがみんなエスニックっぽい料理を食べなれている感じです。お通し
お店の親切なサービスの男の子にアドバイスをもらいながら注文。こちらはお通しのタルタルです。七味唐辛子がいい感じ。

ユカのフライ。

お通しの後は、まずユカのフライ。サービスがスピーディでアツアツのフライが出てきました。

ハマチのカルパッチョ。
本日のカルパッチョがハマチだったので、すかさず注文。

ハマチ大好物なんです。最近はスペインでも和食レストランではハマチを見かけるようになりました。ソースが濃いように見えますがちょうどよい塩加減でした。これはこのまま白いご飯の上にのせて食べても絶対に美味しいと思う。

セビッチェ。
セビッチェは3種類あった中から、Ceviche de la Abuela(おばあちゃんのセビッチェ)を。正統派のセビッチェと言う感じで、セビッチェの酸っぱさも好みでした。

ソフトシェルクラブを使った一品。
こちらはソフトシェルクラブを卵とチリソースで炒めたもの。

ニッケイではなくシンガポールとかタイとかで食べそうなプレートで、ご飯が進む文句なしの味。もう一回食べたい!

シェフからサービスされたサーモンの握り。
サービスの子に握り寿司も美味しいよと言われたんですが、スペインの知らない店で握り寿司を食べる勇気がなく、他の物を注文。そうしたら、シェフがサーモンの握り寿司を出してくれました。

酢飯はちゃんとお箸で持ち上げられるのに口の中でほろっと崩れるし、サーモンも新鮮で驚き。和食レストランで刺身や寿司が食べたくても予約が取れない時はここも候補の1つに出来る!

疑ってごめんなさい、美味しかったです。

最後はBao(バオ)で〆。 最後はBao(バオ)で〆。
〆は、Bao(バオ)でした。

中華風のパンの中に具材を挟むのをスペインではBao(バオ)と呼びます。これも最近はやっていてサーブしているお店も多し。中華風のものが気に入りました。

バレンシア中心部はレストラン難民になる事があるけれど、いい場所を見つけて大満足。次は何を食べようかな!

美味しいニッケイ料理店「Manaw-Nikkei Bar」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. こちらがフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ。

お気に入りレストラン

  1. マグロのタルタル。
ページ上部へ戻る