日本で買ったお気に入り:手触りが違う「草來舎」の蕎麦ちょこ

素敵な林檎釉のそばちょこ

ひっそり日本へ一時帰国し、ひっそり戻ってまいりました。

ちょうど長野県で「草來舎」という焼き物工房をやっている友人夫婦が、日本橋・高島屋の和食器売り場で「酒器と蕎麦の器展」という展示をしていたので、お邪魔しました。スペイン人夫は料理しないくせに、食器や台所用品を見るのが好きで、蕎麦もお酒も好きだからグッドタイミングでした。

購入した「草來舎」の器

そうしたら、出会ってしまったのです、こちらの蕎麦ちょこ。

実は、スペインでもよく蕎麦を食べているので、合羽橋でも見かけるたびに蕎麦ちょこを手に取っていたのですが、見た目が可愛くても、手に取るとなんだか違和感。違うのです。

蕎麦ちょことそばつゆ入れ。

でも「草來舎」の器は違います。見ても美しいけれど、触ると良さが伝わります。しっくりくるとはまさにこのこと。長野県らしいリンゴの釉薬を使った、涼し気な蕎麦ちょことそばつゆ入れを購入しました。

友人夫婦いわく、日本人は手で器を持って食べるから、DNAに手触りが刷り込まれているんじゃないか、ということでした。確かに納得!

蕎麦ちょことそばつゆ入れ。

本当は、おそろいの蕎麦用プレート(ザル付きで、ザルを外すと普通の丸いお皿として使える)もほしかったけれど、この色は売り切れでした。

実はスペインの我が家は、洗い場が大理石。もちろん賃貸なので初めから大理石だったんですが、食器がガンガン割れます。「すぐ割れるから引っ越すまでは安い食器にしようね」と言っていたのに、この蕎麦ちょこの魅力には勝てず。大事に、大事に使いたいと思います。

素敵な和食器がいっぱいの「草來舎」のサイトはこちらから。通販もあります!

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. こちらがフォアグラ・鴨・キノコのカルドソ。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る