ナバラ・イラティの森へ!⑫:Orbaizetaから宿のオーナーお勧めアルペア洞窟

足元に注意!アルペア洞窟

ナバラ・イラティの森へ!⑪:Orbaizetaから宿のオーナーお勧めフランスへ行こう!」の続きです。

★ この日の行程の旅行ガイド記事を一気に読みたい方はこちら➡スペイン・イラティの森で国境越え!馬とのふれあい&洞窟も満喫」。

フランスの優美な小都市でサンティアゴ巡礼路のスタート地点サン=ジャン=ピエ=ド=ポル(Saint-Jean-Pied-de-Port)からアルペア洞窟(Cueva de Arpea)に向かいます…というか来た道を戻ってきました。

午前はすごく天気が良かった。
午前中、馬と戯れていた時はこんなに美しいブルーの空でしたが…アルペア洞窟(Cueva de Arpea)へ向かいます。
アルペア洞窟に向かう道に戻ってきたら、日が落ちてきただけではなくちょっと天気が悪くなっていました。

気温もあっという間に下がったので、9月初めですが速乾性Tシャツ+薄いフリース+防風・防水ジャケットを着ています。

車を置いて徒歩で洞窟に向かいます。
洞窟までの最後の行程(1キロぐらい?)は徒歩となります。

見て変わるように足元はかなり悪いので、トレッキングシューズか最低限歩きやすいスニーカーは必要です。

奥に見えるのがアルペア洞窟。
奥に見えるのがアルペア洞窟です。

写真じゃよく分からないのですが、草が生えているとはいえ足を滑らせたら一気に谷底まで落ちます。ここは高所恐怖症の人は来ない方がいいかも。

アルペア洞窟は羊飼いたちの避難所として使われていました。
アルペア洞窟は、かつて悪天候の時は羊飼いと羊たちの避難所になっていたそうで、こんな簡素な小屋が残っています。

バカンスシーズンはもう少し訪れる人がいるのかもしれませんが、ここに来るまでに誰にも会わなかったし、アルペア洞窟を管理している人や団体がいるかも不明です。イラティの森を歩いていると完全犯罪出来るんじゃないかなって思える瞬間&場所が多々あります。

アルペア洞窟。
スペイン人夫は身長182センチ。それと比べるとかなり大きな洞窟に見えるけれど中は狭い!

実はアルペア洞窟は「別世界への扉」と言われていて、伝説もあるのですがそれについてはこちらの記事のアルペア洞窟に関する部分をご覧下さい。

ささっと見学をして、車を停めたところまで歩きます。

帰り道では馬には一頭も会わず、牛が数頭いるだけでした。夕方になったら馬は早いうちに厩舎に戻るのかな?

Orbaizeta(オルバイセタ)の宿「Iratiko Urkixokoa」に到着して、シャワーを浴びてから、昨日のロバに会いに行きました。その後は早めにサン=ジャン=ピエ=ド=ポルで買ったサンドイッチとチェリー入りガトー・バスク(絶品でした!)を食べて早めに就寝。

イラティの森滞在で、この日が一番充実した日となりました。

★ この日の行程の旅行ガイド記事を一気に読みたい方はこちら➡「スペイン・イラティの森で国境越え!馬とのふれあい&洞窟も満喫」。

アルペア洞窟(Cueva de Arpea)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. メインの魚介のフィデウア。
  2. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」

お気に入りレストラン

  1. タルタル。
  2. 取り皿に少しずつのせて混ぜてたべます。
ページ上部へ戻る