ナバラ・イラティの森へ③:オチャガビア村から礼拝堂へのお手軽ハイキング

イラティの森を歩くためにツーリストインフォへ

ナバラ・イラティの森へ②:最初の宿泊地Ochagavía(オチャガビア)の様子」の続きです。

荷物を宿に置き、少し休憩してOchagavíaのツーリスト・インフォメーションへ行ってイラティの森や周辺観光状況をもらう事にしました。

小さな村にはツーリスト・インフォメーションはないので、大き目の村である程度情報をゲットし、詳しい地図やルートはイラティの森のパーキング(2箇所)にあるインフォメーションで入手となります。

Ochagavía(オチャガビア)のツーリストインフォメーション。

村から簡単に行けるハイキングルートに挑戦

翌日から本格的にイラティの森(Selva de Irati)を楽しむための有益な情報をもらった後に、インフォメーションの女性おススメの村外れの礼拝堂まで行けるお手軽ルートを紹介してもらいました。大体6.5キロ程度の距離で、高低差は295m。

地図を2枚もらっていざ出発!

Ochagavía村から礼拝堂へのお手軽ハイキングコース

まずは、ツーリストインフォメーションの裏手にある村役場のアーケードを通って、教会の方へ歩いていきます。

Ochagavía村から礼拝堂へのお手軽ハイキングコース

教会の裏手にでて、この建物が見えたら上り坂を右へ進み、更に上に行く道があるので左手にあるのでそちらへ。

ハイキングとは関係ないですけど、スペインの素敵な村にありがちな、坂&石畳…。フォトジェニックだけど、年取ったり足腰が弱ったら大変そう。

Ochagavía村から礼拝堂へのお手軽ハイキングコース

坂をあがりハイキングルート手前まで来て、ここで30分程度時間のロス。

人懐っこい子猫(♀)が私達の後を追ってきて、猫好き夫婦としてはほっておけません。スペイン人夫の写真しか写っていませんが、私の写真ももちろんあります。

村の外れからハイキングルートスタート

ここで、右と左にルートが分かれます。

実は右(Muskilda/SL-NA65)でも左(Ermita de Muskilda/GR11)でも周遊コースなのでOK。インフォメーションの女性は、左から行った方が下りが多くて楽だからお勧めとのこと。右の標識にMUSKILDAKOと書いてありますが、左の標識を見て下さい。そして左の道に進みます。

左のMuskildaと書かれている方へ向かいます。

こんな緑のトンネルを通りながら進みます。日の当たるところは暑いですが、日陰は半袖ではかなり肌寒く感じました。

緑のトンネル!
植物がバレンシアとはかなり違います。

6.5キロの道のりは、きょろきょろしたり写真撮影に止まったりすると意外と長い。しかも誰にも遭遇しないので、思わず夫と完全犯罪の可能性について話合ってしまいます。

ハイキングルート折り返し地点

このひらけた場所が周遊ハイキングルートの折り返し地点になります。

左奥に見える濃い緑の部分がイラティの森(Selva de Irati)。今歩いてきたルートは、昔は村からイラティの森へ行くルートだったそうです。今はもちろん車で行けます。

周遊ルートの折り返し地点。

折り返し地点から聖ムスキルダ礼拝堂(Ermita de Ntra. Sra. de Muskilda)へ向かいますが、ちょっと道路を渡ったり、砂利っぽい道で往路の方が素敵でした。

村へ戻る前に礼拝堂に向かいます。
村へ戻る前に礼拝堂に向かいます。

聖ムスキルダの礼拝堂前には車道があります。今では礼拝堂までは車で行くこともできます。

礼拝堂まで来ている道路に到着。

スペイン市民戦争時代のバンカー(防空壕)

礼拝堂に行く前にちょっと寄り道。

スペイン市民戦争時代の掩体壕(バンカー)跡。

礼拝堂に向かう車道の右側に細い階段が付いていて、降りていくとスペイン市民戦争の時に利用されていた掩体壕(バンカー)の跡があります。身長182センチの夫がギリギリ立てるぐらいの小さなバンカーです。

聖ムスキルダ礼拝堂に到着

聖ムスキルダ礼拝堂は残念ながら、19時で閉館。

聖ムスキルダ礼拝堂

実は外は明るいのですが、この時点でもう19時15分でした。聖ムスキルダ礼拝堂を背にして、左側のベンチがある辺りの道を降りていきます。

聖ムスキルダ礼拝堂

礼拝堂を後にして村に戻る道を歩く

Ochagavía(オチャガビア)の村に戻る道を歩きます。ここから村までは30分ぐらいですべて下り坂。

聖ムスキルダ礼拝堂から村に戻る道は下り坂。
さらに、こんな風な石畳っぽい道...

村から礼拝堂までの道なので石畳にしたんでしょうが、足元が石だとかなり歩きにくい!

1794年に破壊された礼拝堂。

途中に、小さな礼拝堂跡があります。

サンタ・クルス礼拝堂(Ermita de Santa Cruz)は1794年に破壊されました、と標識があるのですが、なぜ壊されたのかは不明。

Ochagavía(オチャガビア)村が見えてきました。

しばらくすると、Ochagavía(オチャガビア)村が見えてきて、こんなパノラマビューが楽しめます。赤っぽい屋根が可愛い。バレンシアの伝統的な家屋とは全然違います。

標識の場所に戻ってきてフィニッシュ!

ついに村外れの最初に左に進んだルートの標識のあった場所に戻ってきました。帰りはGR11というルートでした。

ワンコのハニー・トラップ。

宿に戻ってシャワーを浴びて旅の疲れを癒そう…と思ったのですが、ここにもハニー・トラップが。すぐにお腹を見せちゃう可愛い犬がいて、撫でたり飼い主のおばさんと話しをしたり。

多分次回は歩かないけれど、バレンシアから6時間ドライブ後のハイキングとしては、大満足でした! 次はお待ちかねの2か月前から目をつけていたレストランでの食事のリポートです。

➡イラティの森(Selva de Irati)に関する記事はカテゴリー「イラティの森」をご覧ください。

Ochagavía(オチャガビア)村のツーリスト・インフォメーション

インフォメーションは混み合う事もあります。時間の余裕をもって訪れて下さい。

聖ムスキルダ礼拝堂(Ermita de Ntra. Sra. de Muskilda)

オープン時間は季節や行事によりその都度変更されます。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

おススメ記事

  1. 魚介のトマトソースパスタ。

    絶対リピ!美味&本場イタリアン「La Cantinella」@バレンシア

    辺鄙な場所の凄いイタリアン「La Cantinella」 バレンシアで一番のイタリアンはナポ…
  2. 「Yogurtia(ヨーグルティア)」で納豆作りました。

    ヨーグルトメーカーで納豆作りに挑戦@スペイン

    ヨーグルティアが我が家にやってきた! ひょんなご縁から、タニカのヨーグルトメーカー「Yogu…
  3. こちらのカウンターで食べるものを注文します。

    マヨルカ島食べ物記録:ビーチで泳いだ後の絶品魚介「La Parada Del Mar」

    海の近くではやっぱり魚介が食べたい! Cala Mayorでちょこっとだけ泳いでいそいそと向…
  4. 札幌「バル・エスパーニャ」さん

    2015年バレンシアの「国際パエリアコンクール」リポート!

    9月13日(日)のバレンシア・スエカ村国際パエリアコンクール スペインそして全世界から35チ…
  5. レンコンと長芋。あとは山芋とごぼうが…と欲が出る。

    バレンシアの中華食材店を探索&長芋ゲット!

    バレンシアで一番有名な中華食材店「遠東行(Yuen Tong)」 バレンシアのチャイナタウン…
ページ上部へ戻る