ナバラ・イラティの森へ②:最初の宿泊地Ochagavía(オチャガビア)の様子

便利で街並みが可愛い村Ochagavía(オチャガビア)

スペインとフランスにまたがるヨーロッパ最大級のブナの森、Selva de Irati(イラティの森、Bosque de Iratiとも言います)。

今回の旅行では、スペイン・ナバラ(Navarra)からイラティの森への玄関口の一つOchagavía(オチャガビア)にまず2泊しました。ツーリストインフォメーション、銀行、スーパー、ホテル(オスタル)、レストラン、バルなど何でもそろっている人口500人ちょっとの村です。

バレンシアからは途中休憩を入れてくるまで6時間強の距離になります。

Ochagavía(オチャガビア)の入り口にかかる橋。Ochagavía(オチャガビア)を2分するAnduña(アンドゥーニャ)川。
車でパンプローナから村に入ると、Anduña(アンドゥーニャ)川を挟んで左側に村役場・ツーリストインフォメーション・銀行・小さなスーパーなどがあります。

教会や村役場がある方はさらに古い建物があります。教会や村役場がある方は坂も多め。
村役場や教会がある側の建物は、反対側よりもさらに古い建築物があります。建築年数の表示があるなかで、一番古いものは17世紀のものでした。でも気が付かなかっただけで、もっと古い建物もあるかも??

Ochagavía(オチャガビア)のツーリストインフォメーション。スーパーもあります。
ツーリストインフォメーションでは地図やパンフレットがもらえるし、どんなトレッキングルートや見どころがあるのかざっくり把握できるので、訪れる価値あり!

スーパーは小さいけれど、トレッキング用の非常食や水を買うなら十分です。

白い壁、屋根や窓枠は茶色、赤いお花。村の建物は全部同じようなスタイル。
オチャガビアの村の景観は全てこんな感じで、石造りの家、白い壁、バルコニーには赤かピンクのお花が飾られていました。

Ochagavía(オチャガビア)で宿泊したHostal Orialde
宿泊先のHostal Orialde(オスタル・オリアルデ)も川沿いにあり、他の建物と同じスタイルです。というかこのスタイル以外の家は建てられないのだと聞きました。

オスタルのオーナー曰く、壁をきれいに保つためには年に1回塗りなおしが望ましいのだとか…。素敵な建物を維持するのは大変!

ダリアがキレイでした。家の裏が畑になっている場所もいくつか。
建物の外観を保つだけではなく、どこもみんなお花がきれいに飾られていて印象的でした。荒れた庭やバルコニーがないんです。

宿泊先オスタルの裏手の方は、家の裏に畑がありました。トマト・レタスが多かったかな? ナバラ地方は野菜が美味しいことも有名。あるバルで食べた自家製のトマト本当に美味しかった!

Hostal Orialdeにチェックイン後ツーリストインフォメーションで教えてもらった村外れにあるムスキルダ礼拝堂(Ermita de Nuestra Señora de Muskilda)を訪れる6キロちょっとのハイキングコースに挑戦しました。そちらのハイキングコースについては別記事で!

➡イラティの森(Selva de Irati)に関する記事はカテゴリー「イラティの森」をご覧ください。

イラティの森への玄関口の一つOchagavía(オチャガビア)村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. フィデウア。
  2. セクレトと呼ばれる豚の部位と野菜のパエリア。

お気に入りレストラン

  1. パン・デ・クリスタルというパリパリパンの上にゴルゴンゾーラとオレンジコンフィを載せてオーブンでやいたもの。美味しい!
  2. 生ハム、ルッコラ、トマト、モッツァレラのピザ。
  3. ビビンパ。
ページ上部へ戻る