スペインあるある!銀行カードが行方不明Part1:住所登録が不完全

新しい銀行カード(デビットカード)が届かない

2019年6月末でBANKIAの銀行カード(デビットカード)の期限が切れた。

6月末期限のカードをいつ入手したか覚えてないぐらい昔で、多分銀行カードは郵送されてきたはずなんだけど以前の記憶がない。

スペイン人夫に聞いてみたら、「自分の銀行(支店)に取りに行くんじゃなかったっけ…あ、やっぱりカード郵送されてくるんだっけ」と頼りない事この上ないではないか。確かに一度カードを入手してしまうと数年はそのカード使うから忘れちゃって当然かも。

6月末になっても支店からの連絡もなければカードの郵送もなし。って一体どうなってんの?

突然銀行から届いた怪しげなメッセージ

メノルカ島のミニバカンスから戻ってきた7月5日。

「Aproveche ventajas de su tarjeta Bankia recientemente enviada…」と言うメッセージがいきなり銀行(Bankia)から届く。最近送付したカードって何だろう…と思って、それが期限が切れたデビットカードの代わりのカードを送付したことだと気が付く。

カードなんて受け取ってないしと思って、銀行の代表電話に電話すると、カードの送付先である自宅住所が間違っていることが判明。正確には間違っていると言うか、Bankiaのシステムではマンションの部屋番号は数字1文字+アルファベット1文字しか入力できないようになっているんです。

は??? どういう事?

例えば、〇〇通り20(建物番号)部屋番号15だった場合、部屋番号の欄に1と5の数字を2つ入力できない。数字とアルファベットでマンションの部屋番号を入力する地域も多いけどバレンシアは違うので、新しい支店に口座を移した時「部屋番号取り合えず〇と入力するね」と言われたことを思い出しました。と言う事は我が家の建物のどこかの家に銀行カードが届いちゃっているわけですね。

電話口でその由を伝えると、じゃあ部屋番号じゃなくてマンションの階数のところに部屋番号2桁入れてあげるよと言うじゃないですか。そんなんでちゃんと届くんですかと聞くと「わからない」と。おい!!!!届かないと困るんだよっ!

結局、行方不明のカードはブロックして新しいカードを再発行し、支店あてに送付してもらう事にしました。送付には1週間もかかるんですって…1週間…。銀行口座は他にも持っているし、オンラインで送金も口座のチェックもできるけれど、不便なことは不便!

てか住所に数字が2つ入力できないってバカすぎない? まさかあんたの会社じゃないでしょうねBankiaのシステム作ったのは…と割と大きなIT企業に勤めているスペイン人夫に八つ当たりしたりもしましたが、実はこの話まだここで終わってはおりません。

次回「スペインあるある!銀行カードが行方不明Part2:支店変更がされていなかった」に続く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. 魚介と野菜のFideuá(フィデウア)
  2. Pecariのチョコレート。
  3. パタコナビーチ沿いのパエリアレストラン「Restaurante Llevant」

お気に入りレストラン

  1. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
  2. 牛肉のクスクス。
ページ上部へ戻る