引っ越しします。

1人暮らしから2人暮らしに

バレンシアに初めて留学してきてから、何回目の引っ越しか・・・。多分8回目?

ってことは、ほぼ1年に1度引っ越ししてるということに? 我ながらあきれます。今のアパートは気に入っていたけれども諸事情により、またまたバレンシアの旧市街カルメン地区に出戻りです。(カルメン地区は、レストラン、カフェ、バルなど夜遊び地区でもあります)

バレンシア生活のほぼすべてをカルメン地区で過ごしてきたのでまぁ、戻るべくして戻ったのかな??

スペイン生活の酸いも甘いも詰まった荷物たち

スペインでは出来ることは殆ど自分でやる

スペインでの引っ越しというのはよほど大きな家具があるとか、エレベーターがない場合はともかく、普通は自分たちで何でもします。

まず引っ越し先が決まったら今の家の大家さんに電話して、出て行くことを伝えます。そして段ボールを集めて・・・拾ったりお店からもらったり。
わたしは、バルセロナでつとめていた会社(医療系の出版社)に出版物を入れる段ボールがたくさんあったので、いらないものをもらって来ました。現在も活躍中です。捨てないで大事に取っておきました・・・というよりは、収納の多かった家なのでしまっておいただけなんだけど。

そして荷造りと同時に車がない人や免許がない人は、運転手と車の確保です。大体友人やら知り合いに頼んだり。引っ越し業者もあるんですけど、バルセロナで一度頼んだときは1時間50~60ユーロとかでした。運転手件引っ越し要員が4名、大きなトラックがついてくる感じで。その時はエレベーターのない日本で言うと7階のアパートから、これまたエレベーターのない4階のアパートに引っ越しということでどうしても一人では無理だったので。
ロープやらなにやら使ってあっという間に7階から荷物を下ろし、トラックに積み込んでささーっと終わりました。やっぱりプロ。

運転が出来る人は、バンを借りたり・・・手伝ってくれそうな人に声をかけたり・・・。

今回大きな家具のないわたしは多分普通の乗用車で4回も往復すればきっと終わるはず。幸いエレベーターもあるし!ま、車はどうせ免許ないので彼氏任せ。あとは頑張って荷造りしてお掃除するのみです。

出ていく家の掃除はそこそこのスペイン

あ、ちなみにスペイン人は「立つ鳥跡を濁さず」というのはあまりないようで、新しいアパートに入ると大体一からお掃除をすることになります。わたしも今のアパート棚から何からぜーんぶ拭き掃除しました。いつ買ったか分からないようなパスタやら小麦粉もあったりして・・・。

でももちろんわたしは日本人なのでお掃除して出て行く予定です。

最初から最後まで家賃の滞納はないし、出て行くときはお掃除するし、いい店子だったと思うんだけどなー!え?普通ですって??スペインでは結構家賃の滞納が多く、家賃をきちんと払う店子というのは大事にされるんですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。
  2. セクレトと呼ばれる豚の部位と野菜のパエリア。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る