スペイン最高級日本米とスーパーの寿司米を食べ比べ!

高級米みのりvsメルカドーナのお米

スペインで入手できる多分一番美味しい日本米みのりと、庶民の味方スーパーMercadona(メルカドーナ)の新商品Special Sushi(寿司米)を比べてみました。

スーパーブランドの普通のお米なら1キロ1ユーロもしないスペインで、みのり(品種:あきたこまち)は1キロ4ユーロ以上する高級米です。

そして庶民派スーパーマーケットの代表Mercadona(メルカドーナ)が最近売り始めたSpecial Sushiと書かれたお米(多分寿司用のお米=日本米とアピールしたい)は、1キロ1.90ユーロ。

さてどちらがみのりで、どちらが寿司米かわかりますか?

どちらかわかりますか?
どちらかわかりますか?

正解は、上がみのりで下がMercadonaの寿司米(Special Sushi)です。右の写真ちょっとボケていますが、お米の形が違うのが分かりますか? みのりに比べてMercadonaの寿司米はちょっと細長いのです。

みのりとMercadonaの日本米を食べ比べ。

そして美味しさではみのり圧勝でした!

みのりは、最近新米が出始めたこともあり、炊き立てだけではなく冷めたおにぎり、冷凍ごはんにしても美味しい。みのりは今新米なので水を少な目に炊いていてます。こういう微妙な調整や、新米と言う響きも本物の日本米っぽくていい!

かたやMercadonaの寿司米は、炊き上がりは特に嫌な匂いなどはしませんが、普通の水の量で炊いてもぱさぱさな仕上がり。色も銀シャリではないです。

みのりとMercadonaの日本米を食べ比べ。

正直炊き立てでも余り美味しくなかったので、もう買うことはないと思います。スペイン人の夫にまで「お米のクオリティ全然違うね」と言われてしまいました。3合炊いてしまったのでこれはインドカレー、普通のカレー、チャーハン用に使う予定です。パッケージの裏には、お寿司の作り方なんかも書いてありましたが、これでお米がポロポロしない巻き寿司や握り寿司が出来るのかな? ちょっと疑問です。

ただ、Mercadonaというスーパーは、新製品でもどんどん品質や味を改善していくようなので、また1年ぐらいしたら美味しくなっているかもしれないので、検証を兼ねて買ってみようかなと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る