バレンシアの郷土料理アロス・アル・オルノを食べる:「Racó del Turia」

レストラン・バル

バレンシア市内のお米料理専門店「Racó del Turia」

バルセロナから友達が来たので、バレンシアでしか食べられないハティバの郷土料理「アロス・アル・オルノ」(Arroz al Horno)を食べに行ってきました! 今回お邪魔したのは「Racó del Turia」(ラコ・デル・トゥリア)というアロセリア(Arrocería、お米料理専門店)です。バレンシアでスペイン語学校に通いつつ料理修行をする日本人留学生に教えてもらったお店です。(画像はクリックで拡大されます。)

白が貴重の清潔感溢れるお店。

Racó del Turia」の内装は白が基調で、ポイントはバレンシア特産の可愛いタイル。壁にはバレンシア出身の画家ホアキン・ソロージャ(Joaquin Sorolla)風の絵画が飾ってあり、トラディショナルで明るい清潔感溢れるお店です。

生ハムもその場でカットしてくれます。

「Racó del Turia」で食べた物

前菜には軽くサラダ、そして日本でも大人気のガンバス・アル・アヒージョ(Gambas al ajillo)を食べました。

上品なサラダ。高級なツナが載ってます。ドレッシングも美味しかった!

日本では「アヒージョ」の名前で超有名なスペイン料理ですよね。バレンシアではそれほど人気のある料理ではないので余り普段は頼むこともないんですが…さすがはレストランの味で、素材も良い物を使っていました。これなら食べる価値ある!(普段わたしはガンバス・アル・アヒージョは家で作ります。そして、スペインでは「アヒージョ」では通じません。)

大きくてプリプリの海老のアヒージョ。(Gambas al Ajillo)

そしてメインは4名で、「アロス・アル・オルノ」(Arroz al Horno)を2人前、「パエージャ・デル・セニョレッ」(paella del senyoret)を2人前頼みました。

Paella del senyoret(パエージャ・デル・セニョレッ)。食べやすいように海老の殻などは全て剥いてある、具だくさん魚介パエリア。

これは「アロス・デル・セニョレッ」(Arroz del senyoret)と呼ばれることもあります。海老などの殻が全部剥いてあり、食べやすい具だくさん魚介パエリアです。パエージャ・デル・セニョレッも美味しかったんですが、ここの「アロス・アル・オルノ」は本当に美味しかった!!

お目当ての「アロス・アル・オルノ」(Arroz al Horno)
お米の硬さや塩加減も完璧!

お米の硬さ、出汁の味、塩加減パーフェクトでした。「Racó del Turia」のお料理はどれも塩加減がきつくないので、日本人向き。食べ終わってから、「アロス・アル・オルノ」だけ4人前にしても良かったねと話したぐらい美味しかったです。

ちなみにこちらのお米料理はどれもボリューム満点。わたしたちは全部食べきりましたが、胃袋の自信がない方は前菜には軽めのものを頼んで下さいね。 生ハムを頼むとその場でカットしてくれますよ。

そしてデザート。スペインはお料理が美味しくてもデザートはイマイチな場所が多いんですが、ここのかぼちゃのプリン(フラン・デ・カラバサ、Flan de Calabaza)は絶品でした! 甘すぎず、きちんとかぼちゃの味がして、超クリーミー。これを選んで大正解。

絶品だったかぼちゃのプリン。

さつまいものケーキも良かったです。添えられたアイスクリームはトゥロン味で美味でした。

さつまいものケーキ。スペインらしくトゥロンのアイスクリームがついてきます。

食後酒は、バレンシアで良く飲むモスカテル種の甘いワイン「ミステラ」(Mistela)。ボトルごと置いてくれてまさに古き良きスペインって感じです。

サービスの人は皆とても感じが良く、ホール長の男性は初めていったレストランなのに常連さんみたいに接してくれます。でもやり過ぎじゃなくて…居心地も最高なレストランでした。客層は常連ばかりで、中流以上のスペイン人が多い感じ。ジャージやビーチサンダルだとちょっと入りにくい雰囲気ですが、昼間ならジャケットも皮靴も必要なしです。清潔感のある服装ならOK。ここはバレンシアの中心部からもアクセスがいいし、絶対にリピートします。次は何を食べようかなー!

店舗情報:アロス・アル・オルノが美味しい「Racó del Turia」

スペイン留学・ワーキングホリデー・旅行に最適の保険を提案!
様々な保険会社やオプションから保険を選べる「イーコールズ」

盛 千夏

盛 千夏

スペイン庶民生活@バレンシアの運営&管理者。 スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。 バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。 家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

盛 千夏

盛 千夏

このサイトの運営者。1999年からスペイン在住。 本職は無料のスペイン留学エージェント。家族はスペイン人の夫+猫3匹。 趣味は料理と食べる事!

人気記事ランキング

  1. 1

    海外仕様Panasonicホームベーカリー:スペインで日本の食パンが食べたい!

  2. 2

    海外仕様Panasonicホームベーカリー:決定版の食パンレシピはこれ!

  3. 3

    スペイン・バレンシアで激ウマたらこ缶購入@ロシアスーパー「Baltika」

  4. 4

    海外仕様Panasonicホームベーカリー:実際に食パンを焼いてみた

  5. 5

    海外で薄切り肉!新しいキッチングッズ:ミートスライサー

  6. 6

    憧れのインスタントポット:ついにスペインのアマゾンで購入!

  7. 7

    バレンシアに日本人美容室「hairstudio ICHI」オープン!

  8. 8

    脱毛器ブラウンのシルクエキスパート(家庭用光美容器)購入&2か月使用レビュー

  9. 9

    スペインの激安ムール貝でムール貝のオイル漬け

  10. 10

    日本で買って良かった物:イワタニのカセットコンロ&鉄板焼きプレート

最近の記事
  1. ウエスカ・ピレネー旅行:大自然を満喫!初心者OKの乗馬体験「Caballos Sarvisé」

  2. ウエスカ・ピレネー旅行:Torla-Ordesaで絶品炭火焼きステーキ「El Duende」

  3. ウエスカ・ピレネー旅行:世界遺産の国立公園Ordesa-Monte Perdidoでトレッキング

  4. ウエスカ・ピレネー旅行:スペインの美しい村10選リスト入りアインサ(Aínsa)と隣村ボルターニャ(Boltaña)

  5. ウエスカ・ピレネー旅行:猫天国だったけれどちょっと外れだったシエステ(Sieste)の宿

  6. レザーを使ったアクセサリーがクールなマドリードブランド「CXC」でお買い物

  7. 居住許可更新にもつかえた!写真作成アプリ「Passport Phot Online」

  8. ID番号と期限は紐づけなし?2021年居住許可Larga Duraciónの更新手続き

  9. バルセロナ発のバッグ・小物ブランド「KRIS MÏKITA」で可愛いかごバッグ購入

  10. 何度もリピート!バルセロナのオーガニック化粧品ブランド「Kriim」の固形シャンプー

バレンシア留学無料サポート

ワーキングホリデー無料サポート

バルセロナ留学無料サポート

スペイン留学無料サポート

TOP