サクサクな食感がたまらないレオンの伝統菓子「ニカノレス」

久しぶりに美味しいスペインのお菓子に遭遇!

プエンテ・スペイン留学のサイトに掲載するための新しい語学学校をマドリードに探しに行った際に、マドリード出身の友人にプレゼントされた激ウマなお菓子「Nicanores de Boñar」(ニカノレス・デ・ボニャール)を紹介します!

余りに美味しくて、マドリードから誰かが遊びに来るときにはわざわざ買ってきてもらうほどです。

素朴なのに美味しい「Nicanores de Boñar」(ニカノレス・デ・ボニャール)

こんな感じの超・古風な箱に入っています。

もしかして、販売当時から箱のデザイン変わっていないのかな?と疑いたくなるぐらいクラシック。

Nicanores de Boñar(ニカノレス・デ・ボニャール)。レオンのお菓子。

中身はこんな感じ!

スペインでHojaldre(オハルドレ)と呼ばれるパイ生地のお菓子です。サクサクと軽い食感で甘すぎず、1回で3個ずつぐらい食べちゃいました。

なので、たくさんあったのに2日半しか持たなかったです。スペイン人夫も初めて食べたようで、「これは美味しい!」と大絶賛。

Nicanores de Boñar(ニカノレス・デ・ボニャール)。レオンのお菓子。

Nicanores de Boñar」(ニカノレス・デ・ボニャール)の現在量は、小麦粉・バター・卵の黄身・砂糖のみ。でも保存料も入っていないのに賞味期限は1年以上も先です。

頑丈な紙箱じゃないけれど、次回の日本に行く時にはスペイン土産としてつぶれないように日本までもっていこうと思っています。

同じくマドリード在住の友人にもらったチョコレート&アーモンド菓子の「Moscovitas」(モスコビータス)以来の美味しいスペインの伝統菓子に大満足です。

スペイン旅行中に見かけたら是非購入して試してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. 「アロス・アル・オルノ」(Arroz al Horno)
  2. GAMBOAのフィデウア
  3. 巨大なパエリアだった。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る