ナバラ・イラティの森へ!⑩:Orbaizetaの宿のオーナーお勧めの国境地点

道の向こうはフランス!

ナバラ・イラティの森へ!⑨:動物天国!Orbaizeta村とオスタル「Iratiko Urkixokoa」の続きです。

おススメのルートやスポットは現地人に聞くべし。

まさにこれです。Orbaizeta村のオスタル「Iratiko Urkixokoa」には11時ぐらいに到着し、チェックインの時オーナーにこの周辺のおススメを聞いてみました。

今日は天気がいいから、Cueva de Arpe(アルペ洞窟)へ行って、フランスのサン=ジャン=ピエ=ド=ポル(Saint-Jean-Pied-de-Port)に行くといいよとアドバイスされ、早速車に乗り込みます。

★ さらっと1度で読みたい&旅行ガイド記事を読みたい方はこちらを参考に!➡「スペイン・イラティの森で国境越え!馬とのふれあい&洞窟も満喫」。

全く車を怖がらない牛。
そうしたら、また牛や馬が沢山いるスポットに出会ってしまい、当然車を停める事に。イラティの森(Selva de Irati)って、動物好きには天国だと思う。

羊もいました。
羊もいましたが、怖がりなのでめちゃくちゃ逃げられました。ちょっと近寄りたかった、あわよくば触ってみたかったんですけどね。

写真の道路の右がフランスで、左がスペイン。
左から伸びている道からやってきました。二股に分かれている方の左へ行くとサン=ジャン=ピエ=ド=ポルへ。右へ行くとアルペア洞窟です。

アルペア洞窟への道は、洞窟に向かって右がスペイン(画像だと左)、左がフランス(画像右の車が停めてある方)です。

ここはなんとスペインとフランスの国境地点なんですが…当然パスポートコントロールなどもなしで、地図で確認しなければフランスにいることも忘れてしまいそう。

道路に頭を出して寝転ぶ仔馬。
ここでも馬はめちゃくちゃリラックスしていて、余り人間を怖がりません。

この仔馬なんて道路に頭だけだして寝ていますが、スペイン人夫が触っても起きません。

仔馬を見守るお母さん。
母馬と仔馬はペアで行動しているみたいなので、大胆不敵な寝相の仔馬を見ている馬が、お母さんと推測されます。

他にもたくさんの仔馬が爆睡していましたが、ちょうどはお昼寝の時間だったのかも。

私が立っているのがフランス。
私もこの馬が触らせてくれたので、ずっとべったり。

どの馬も触らせてくれるというわけではなく、人間が好きな馬と興味のない馬がいるので仲良くなりたかったら見極めが大事。

私のお相手をしてくれた美人さん。
馬の近くに寄ってじっと待っていると、人間と触れ合いたい馬は寄ってきます。動物に触るとその体温や感触にめちゃくちゃ癒される私は、幸福度120%と言った感じでした。

景色最高です。
余りに景色がキレイなので、ちょっとこの辺りを歩くことに。車は置いてアルペア洞窟の方へ進んでみます。

おやつ休憩もしました。
ちょうど良い石があったのでここでおやつを食べました。

なんて良い天気で、なんて気持ちが良いのだろう。イラティの森の旅行でこの日が一番素敵な日でした。

春はものすごくキレイなんだろうな。

で、こんな風にのんびりしていたら遅くなってしまったので、アルペア洞窟は後回しにして先にサンティアゴ巡礼(Camino de Santiago)のスタート地点サン=ジャン=ピエ=ド=ポル(Saint-Jean-Pied-de-Port)に行きランチにすることになりました。

★ この日の行程の旅行ガイド記事を一気に読みたい方はこちら➡「スペイン・イラティの森で国境越え!馬とのふれあい&洞窟も満喫」。

アルペア洞窟近くの馬・牛が放牧されているスポット

住所などはありません。Orbaizeta(オルバイセタ)からアルペア洞窟Cueva de Arpea(Cueva de Arpea)を目指せば必ずわかる場所です。もちろん時間帯や気候によっては馬や牛がいない可能性もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. セクレトと呼ばれる豚の部位と野菜のパエリア。
  2. GAMBOAのフィデウア

お気に入りレストラン

  1. マグロのタルタル。
  2. パンにつけて食べます。
  3. 味噌ラーメン。
ページ上部へ戻る