スペインあるある!銀行カードが行方不明Part3:カードはすぐ再発行不可!

カード再発行には8日時間を空ける必要がある

スペインあるある!銀行カードが行方不明Part2:支店変更がされていなかった」の続きです。

銀行から戻ってきて、一体どの支店にカードが送付されたのか突き止めるために再度電話。

日本もそうだと思うけれど、Bankiaも英語での案内は一つもなしです。こんなに外国人が多いのに英語の案内がないのかとちょっと驚く。

音声ガイドに従い、やっと生身の人間と話すことができた。

「登録住所がBankiaのシステムのせいで住所がきちんと登録されておらず、デビットカードが届きませんでした。再発行依頼をしましたが、どこのオフィスに送られたかわかりません。今どんな状況になっているか調べて下さい。」

オペレーターの女性が調べてくれたところによると、7月5日に再発行依頼&オフィスに再送依頼が私からされており、7月8日に送付されたけれど、どのオフィス(支店)宛てかは不明という。

いやいや、データベースに支店名や支店番号あるでしょ、ちゃんと見てよと言っても、データベースには何も表示されないからわからないと言い張るのみ。つまり前回の記事で対応してくれた銀行員女性と同じ状況になっているという事。

Bankiaの電話オペレーターはみんなバカなの?

もう埒が明かない。

そしてオペレータは何を質問しても「わからない」の後に「En qué puedo ayudarle.」(何かお手伝いできることはありますか?)と聞く。

もう最後には、「住所もきちんと登録できない、間違った住所にカード送信、カード送信後の連絡もないし、どこのオフィスに送ったかもわからないっていうけれど、何か助けられる事あるわけ???」と聞いちゃいましたよね。

3秒ほど黙ったあと「今行方不明中のカード(2枚目)をブロックして、新たにカードの再発行手続きをし、正しい住所が登録できたからそちらに送付しましょう」というじゃないですか。

ここでまた1週間かかるんだ…と本当にイライラしつつ再発行手続きに必要なNIE(外国人登録番号)とオンライン口座のPIN番号を音声ガイドに切り替わったので打ち込む。

その後、またオペレーターと話をするのですが開口一番「銀行カードはたて続けには再発行できません。前回カードブロック&再発行の手続きをしたのが7月5日なので8日後にまた電話して手続きをしてください」

…バカなの?

カードの送付状況を見たときに自分で7月5日に再発行依頼が出されていると確認しているというのに…

「ねぇ、そういうことはさ、先に行ってくれない? あなたとやり取りした5分めちゃくちゃ時間無駄なんだけど。7月5日に再発行手続きしてるって一番最初に言ったでしょ? またこのバカみたいなやり取りをしないといけないわけ?」

というと、

「8日後に電話ください。」

としか言わない。

大体8日後っていうけれど、それって営業日(平日)それとも今日から普通に数えて8日後なのと言うと、

「私達は365日お客様の対応をしております!」と偉そうに言う。全く役に立ってないくせに。

長くなったので次回「スペインあるある!銀行カードが行方不明Part4:3回目のカード再発行手続き」に続きを書きました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア・スペイン留学

バルセロナの格安語学学校の紹介、入学手続き代行、特別割引提供など日本語でお気軽にお問い合せください。

カテゴリー

アーカイブ

Facebookにいいね!をお願いします

スペイン庶民生活@バレンシアTwitter

お勧めスペイン語学校

海外在住者人気ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
ジモモ バルセロナ

original-paella

お米料理レストラン

  1. フィデウア。
  2. こちらが絶品だったパエリア!
  3. Arroz a banda(アロス・ア・バンダ)

お気に入りレストラン

  1. なすの揚げ浸し
  2. こちらはピンチョとかプラトとか呼ばれています。
  3. パンにつけて食べます。
ページ上部へ戻る