アンダルシア旅行:El Ejido(エル・エヒード)

アンダルシア仕事&親戚行脚旅行

仕事とバカンスを兼ねてアンダルシア地方を回って来ました。ルートはグラナダセビージャマラガ→ロケタス・デ・マル→マイレナベルハエル・エヒードアルメリアです。

10月22日~23日:El Ejido(エル・エヒード)のいとこのマリア・ルイサの家に滞在(前回の記事「Berja(ベルハ)に住むいとこのペパ」はこちらから)

マリア・ルイサにご馳走になったもの

Berjaから次に向かったのは、いとこのマリア・ルイサの家です。マリア・ルイサのお母さんが、わたしのお義父さんの一番上のお姉さんのコンチャおばさんで、御年87才。

でもマリア・ルイサの家についたらいない…どこにいるのか聞くと一人で薬を買いに薬局まで出かけたとか。耳も良いし、わたしたちの会話にもきっちり付いてきてたまに面白いジョークを言ったりします。写真を撮るよと言ったら、ちょっとこのカーディガンは見栄えが良くないから…と脱ぎ出す始末。元気だなぁ。

左からパートナー君、コンチャおばさん、マリア・ルイサ、お義母さん。

電話でアナおばさんからわたしの様子を聞いていたようで、大歓迎してくれました。「スペインは好き?」って聞かれたので、「大好きです。」って答えたら本当に嬉しそうにしていました。

テーブルも椅子もあってくつろげるようになっています。

パティオで寛いでいたら(いえ、ガツガツ生ハムやチョリソ、チーズを食べていたら)お昼ごはんができていました。

お昼ごはん前なのに色々つまむものが出てきました。

魚介の煮込みに超新鮮なとれたて野菜のサラダ。El Ejido(エル・エヒード)はビニールハウス栽培で有名で、ビニールハウスの屋根が海に見えるぐらい広がっています。マリア・ルイサと旦那さんのホセも野菜をたくさん作っているのでここの野菜も本当に美味しい。めったにスペインのキュウリを美味しいと思わないけれどこのキュウリは美味しかった。

魚介の煮込み。

 息子さんのオスカー君も帰ってきて賑やかに食事。海外に興味があるお年ごろなのか結構日本の事を聞かれました。彼はおばあちゃんのコンチャおばさんが具合が悪かった頃はそれこそ下の世話まで嫌な顔一つせずやるような子で、成績も優秀で奨学金までもらっているそう。趣味は演劇だし礼儀正しいし欠点なし!

パパビエハを初めて食べる

翌日の朝食にはPapavieja(パパビエハ)という、チュロスに似たものをマリア・ルイサが作ってくれました。かなりお腹にたまるけれどこういう物たまに食べるとすごく美味しい! 特別な日=バカンスって感じがします。

目分量で適当に。
スペインでは揚げ物の脂をキッチンペーパーで切ったりしないのが恐ろしい。
砂糖を掛けていただきます。
フライパンいっぱいに生地を流し込みます。

朝食後は、マリア・ルイサと旦那さんのホセのビニールハウスを見せてもらいました。こんな大きなビニールハウス初めて見た…。お義母さんから信じられないぐらい大きいと聞いてはいたけれどこれはビックリ。(アンダルシア人らしい、大げさな発言だと思っていたわたし。お義母さんごめん!)

ビニールハウス。

ホセは、弟さんと一緒に冬に備えてビニールハウスの屋根と作物の間にもう一つビニールの覆いをつけているところでした。天井を低くして温度を下げるのを防ぐためで、スペインの古い家がリフォーム時に寒さ対策で天井を低くするのと同じ原理ですね。

どれぐらい巨大か分かりますか?

マリア・ルイサのミガス

昼食はパートナー君のリクエストでMigas(ミガス)。マリア・ルイサのミガスは肉も多めでかなりガッツリ系です。美味しいけれどわたしにはお義母さんのMigas(ミガス)が一番かな?

Migas(ミガス)です。もちろんパートナー君のリクエスト。

コンチャおばさんは、久しぶりにパートナー君に会ったのが余程嬉しかったのか、最後にお別れする時は泣いていました。もっとたくさん会いに来てあげないとね。でもスペインは広く、アンダルシアとバレンシアは結構遠い…よし、仕事頑張って独立してわたしだけ親戚に会いに行っちゃうもんね!会いたいのはあなたではありません!

家族で揃って。コンチャおばさんの隣は、おばさんの息子さんだったか甥っ子だったか…。

次は、パートナー君もわたしも大好きな「イサベルおばさん」が住むアルメリアについてです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

コメント

    • Ana
    • 2013年 12月 05日

    好青年オスカー君の写真はないのですか?
    愚息に飲ませる為に、是非とも爪の垢をもらってきてください。

      • ナナイチ
      • 2013年 12月 05日

      孝行息子は現在高校生で写真をとった時には学校でした…残念。本当によい子でしたよ。これだけ大不況で奨学金がカットされている中、大家族でも低所得家族でもないのに奨学金もらってるって聞いて本当にびっくりしました。
      でもおばあちゃんの世話をしていた話や奨学金の話は一切自分からしないんです。家族もしないのであとで義母から聞きました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. Pecariのチョコレート。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る