ナバラ・イラティの森へ⑥:いよいよトレッキング開始!

オチャガビア側からイラティの森を周遊するルート

ナバラ・イラティの森へ⑤:トレッキング前にかわいい馬達に出会った!」の続きです。

放牧されている馬や牛に会える天国のようなスポット「Paso de Tapla」を後にして向かった先は、2つあるイラティの森専用のパーキングのうちの1つ。

こちらの駐車場は無料ではなく、周辺の村の宿泊施設を利用している場合は割引があり2ユーロ、そうでない場合は5ユーロの駐車料金がかかります。

イラティの森のパーキング。

パーキングには、小さなツーリスト・インフォメーションがあってこちらで詳しい地図などがもらえます。

ツーリストインフォメーションのスタッフはトレッキングルートにも詳しいので、どんな感じで歩きたいか、例えば半日トレッキング、がっつり歩きたい、体力に自信あり…などを伝えると実力&体力に合わせたルートを教えてもらえます。

スペインとフランスを行き来するルートを歩く

私達が歩くルートには、この黄色い矢印があるので、これに従って歩きます。

約10キロ、3時間~3時間30分のルートですが休憩や立ち止まって写真を撮ったり景色を楽しむ時間を入れると4時間ぐらいかな?

この黄色い標識を探しながら歩きます。

私達がおススメされたルートは1日ずっと歩き通しではないけれど、アウトドア好きじゃない人や普段インドア過ぎる人にはきついルートです。トレッキングとハイキングの間ぐらい?

初めはこんな感じの道で、まぁ…緑はキレイだけど普通です。

トレッキングスタート。

このルートは、見えない時もありますがほぼずっとイラティ川(Río Irati)沿いに進みます。

こちらは歩いてすぐに見えるクボの滝(Cascada de Cubo)。

クボの滝(Cascada del Cubo)。

段々道なき道になってきました。

ちなみに、9月第一週なのに人が全然いません。皆同じ方向に向かって歩いているので、誰かに追いつかない限りは人に会うがなかったです。

次の画像は閲覧注意です。

やっとトレッキングルートっぽくなってきた。

イラティの森には、日本では見たことがないほど大きいナメクジが沢山います。

しっぽの方が道に落ちた木の枝に隠れていますが、ほぼ私の足と同じサイズのナメクジ。蛇も見かけました。

大きななめくじ。

このトレッキングルートは、スペインからスタートし、国境を越えてフランスに入りスペインに戻ってくるルート。

フランス国境に近づく手前はかなりきつい坂が続きます。

一番きつかった坂。

国境を越えてフランス側に!

スペインとフランスの国境に到着してあっさり国境越え。

何も表示がないので、スマフォのGoogle Mapで現在位置を見ながらここが国境と確認。スペイン人夫がいる側がフランスです。彼はパリ生まれなので自分の生まれた国に戻ったことになります。

フランス国境に到着!

もちろんパスポートコントロールなんかは一切ありません。

ぱっとひらけたフランス側。

フランス側。

イラティの森は背の高いブナが沢山生えているのでうっそうとした森ですが、木がない場所は色鮮やか。春は花が咲き乱れてものすごくきれいなはず。

舗装された道路も少し歩きます。

森から出て太陽の光を浴びると、暑い日で、体温調節をこまめにしないといけない山の服装は難しいですね。前を歩いてた女性たちは、軽装でした。

船のマストに使われる木が重要な収入源でした。

昔は、船のマストに使う木材が大事な収入源だったそう。これはその木材を運び出すためのリフトのようなもの。

ルート上にいくつか、木材に関する展示があります。

川を渡ります。

川を渡るとまたスペイン側に戻ってきて、ゴール(パーキング)はもうすぐそこ。

ポルチーニ茸の季節。

ちょうどポルチーニ茸(スペイン語でBoletus)のシーズンが始まったようで、ポルチーニ茸狩りをしている家族に出会いました。

私も見つけたけど、かじられているような…。まだ旅行前半きのこはそのままにしてランチに向かいます。もう2時を回り、お腹ペコペコ!

ゴール!

そしてゴール!

画像左上に見える白い建物は、パーキングにあるレストランです。ゴールは2時30分でした。休憩は1回でしたが、写真を撮ったり景色を見るために立ち止まったりで、歩くペースは遅くなくても4時間かかりました。

さてこれからお待ちかねのランチです!!!

イラティの森のパーキング(オチャガビア側)

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

お勧めお米料理専門店

  1. セクレトと呼ばれる豚の部位と野菜のパエリア。
  2. バレンシア風パエリア(Paella Valenciana)
  3. Fideuá(フィデウア・パスタのパエリア)をいただきました。

ピックアップ記事

  1. 「La Taula de Yoon」のキンパ。

    野菜たっぷり韓国家庭料理レストラン「La Taula de Yoon」@バレンシア

  2. 壁から手が!!!

    バレンシア伝統スポーツが楽しめるバル「Pelayo Gastro Trinquet」

  3. バレンシアの地中海料理レストラン「Toshi Restaurant」

    日本人シェフの地中海料理レストラン「Toshi restaurant」@バレンシア

ページ上部へ戻る