ナバラ・イラティの森へ!⑨:動物天国!Orbaizeta村とオスタル「Iratiko Urkixokoa」

イラティの森を堪能するのに最高なオスタル「Iratiko Urkixokoa」

ナバラ・イラティの森へ⑧:オチャガビアの「Asador Sidrería Kixkia」アゲイン!」の続きです。

Ochagavía(オチャガビア)村を後にして向かったのは、2泊を予定しているOrbaizeta(あるいはOrbaiceta、オルバイセタ)村。

Orbaizetaは人口わずか200名で最初の宿泊地Ochagavíaより更に小さく、さらに宿泊予定のオスタル(Hostal)「Iratiko Urkixokoa」は村の外れにあります。

Orbaizeta(オルバイセタ)のオスタル「Iratiko Urkixokoa」

Iratiko Urkixokoa」は2018年にオープンした新しいオスタル。

とっても親切で、イラティの森にも詳しいオーナーのミケルさんが出迎えてくれます。

オスタル(Hostal)「Iratiko Urkixokoa」の部屋。

1階部分が受付や食堂となっていて、2階部分がベッドルームです。お部屋にはシャワーとトイレもついていて広さも十分。天窓があってテンションアップ!

「Iratiko Urkixokoa」の朝食。

朝食付きのプランでしたが、朝食なしだとこの辺りはカフェもバルもないのでちょっと大変かも。夕食は、事前にお願いするとスペインの家庭料理っぽい物を出してくれます。

ペット同伴OKで動物が沢山のオスタル「Iratiko Urkixokoa」

オーナーのミケルさんの他に私達を歓迎してくれたのが、アルツ君。ふわふわでモフモフの犬なので、バスク語でクマ(hartz)という名前を付けたそうです。

物静かでめちゃくちゃ賢いアルツ君は、撫でさせてくれるし名前を呼ぶとお散歩にも付き合ってくれます。

こちらのオスタルは、動物OKなので犬連れでイラティの森を楽しみたいカップルや家族連れが宿泊し、アルツ君がいない時は他の犬を触らせてもらいました。

オスタル(Hostal)「Iratiko Urkixokoa」のマスコット、アルツ君。

実は、オスタル「Iratiko Urkixokoa」にはアルツ君の他にも、スコットランド産の毛足が長い牛が1頭、豚が3頭飼われています。

子供連れも良く来るし、動物と触れあって欲しいからだそうです。残念ながら、スコットランド産の牛は広い敷地の遠くの方にいたのでしっかり見ることが出来ませんでした。次回に期待!

広い敷地内を散策。
豚が2頭と牛が1頭います。

オスタルの敷地近くも動物だらけ!

動物とたくさん触れ合えるのは、「Iratiko Urkixokoa」内だけではありません。

オスタル「Iratiko Urkixokoa」の道路の向いにいるロバ。

オスタルの向いには、ロバがいるんですがとっても人懐っこくて頭や鼻づらをいくらでも撫でさせてくれます。というか、離れようとすると行かないでーーーと鳴いて訴えてきます。

ロバが可愛すぎて、ご機嫌な私。

なぜか朝はいないので、午後17時ぐらいに毎日会いに行っていました。朝はどこかで飼い主さんと一緒に働いているのかも。

またこの子に会いに「Iratiko Urkixokoa」に行かなくちゃ。

村外れにあるオスタルから更に歩いていくと、牧草地が広がっていて遠くに牛が見えました。そしてなぜか大疾走する猫も…。写真を撮りましたがブレブレでした(笑)

村の道路から見たオスタル「Iratiko Urkixokoa」

この辺りは羊のチーズをたくさん作っているようで、チーズ工場&販売所もありました。中に入って行って、チーズくださーいと言って買う感じです。カードは多分使えないだろうな…。

チーズ販売所。

チーズ販売所の近くの、牧場にいた猫たち。半分野良ネコのようで、近くには寄ってきませんでした。残念!!!

半分野良猫?な子猫たち。

こんな感じで、自然に溢れたOrbaizeta村のオスタル「Iratiko Urkixokoa」とその周辺。午前中はトレッキングや遠出をして、ランチ後に宿に戻ってきてちょっと昼寝の後にオスタルの周辺をぶらぶらする日を過ごしました。

便利さでは最初に2泊したOchagavía(オチャガビア)にはかなわないけれど、私達は断然Orbaizetaのファンに。オーナーのミケルさんが「トレッキングやアウトドアが趣味ではなくても、都会や暖かい場所に住む人が、ただただゆっくりするためだけにうちに泊まることもあるんだよ」と言っていた意味が分かりました。

次回イラティの森に行く時も絶対にこの宿に泊まろうと心に決めています。来年の春か秋に戻ってこられるといいな!

オスタル情報:Orbaizeta村の外れにある「Iratiko Urkixokoa」

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
スペイン関連ブログのランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします!

盛 千夏サイト運営者

投稿者プロフィール

「スペイン・庶民生活」@バレンシアの運営&管理者。
スペインには1997年に初上陸。1999年~2001年にバレンシアに1年半留学。2002年にバレンシアに再び語学留学にやってきて、運よくバルセロナで仕事を見つけ労働許可取得。
バルセロナの医療系出版社でプロジェクトマネージャーとして働いた後、バレンシアが好きすぎてバレンシアの高級和食レストランに転職。その後は英語学校秘書、スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て現在は、バレンシア専門の留学エージェンシー「バレンシア・スペイン留学」を運営するしがない自営業。
家族はフランス生まれのスペイン人夫に猫が2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンシア留学を無料サポート!

バレンシア在住の留学エージェントがスペイン留学を無料でサポート!語学学校・コースの紹介、見積もり作成、入学申し込み代行、ビザ申請サポートが無料です。

スペインのワーキングホリデー情報

ビザ申請・語学学校の申し込み・都市の選び方・仕事やアパートの探し方・求人情報など掲載!サポートは無料です。

バルセロナ・スペイン留学無料サポート

無料の留学サポートの他、サイトからの特別割引実施中。バルセロナ留学をお考えの方、是非ご覧下さい!

スペイン全土の留学サポート

マドリード、ビルバオ、サン・セバスティアン・セビージャ、グラナダ、マラガでスペイン語留学!無料で留学サポート&入学手続き代行。

カテゴリー

アーカイブ

おススメ記事

  1. この畑のブドウの収穫はおわっていました。

    バレンシアのワイナリー「Finca San Blas」訪問:ワイナリー見学の詳細

    アクセス良好&無料のワイナリー見学 バレンシアのワイナリー「Finca San Blas」訪…
  2. これは丸ごと焼いたタイプ。

    フランス人発狂?バレンシアの凄いクロワッサンの食べ方

    朝食にクロワッサンの鉄板焼き スペインのたぶんどこでもあると思うけれど、バレンシアではよく見…
  3. 札幌「バル・エスパーニャ」さん

    2015年バレンシアの「国際パエリアコンクール」リポート!

    9月13日(日)のバレンシア・スエカ村国際パエリアコンクール スペインそして全世界から35チ…
  4. 義母のアーモンド5キロ!

    日本の家族に一番人気のスペイン土産は義母のアーモンド

    義母の揚げアーモンド 前回の帰国で日本の家族が一番喜んだお土産は、義母が炒るアーモンドでした…
  5. こちらのカウンターで食べるものを注文します。

    マヨルカ島食べ物記録:ビーチで泳いだ後の絶品魚介「La Parada Del Mar」

    海の近くではやっぱり魚介が食べたい! Cala Mayorでちょこっとだけ泳いでいそいそと向…
ページ上部へ戻る